【岐路 バスと観光 新たな関係 137】バスと観光のこれから6 高速バスマーケティング研究所代表 成定竜一

  • 2019年6月11日

 「ウェブの普及(一般的な消費者のITリテラシー向上も含む)により、旅行者はウェブ上で自ら交通や宿泊を手配するようになる」「ダイナミック・パッケージが発地型のパッケージツアーを駆逐する」と言われ始めてから、もう20年近く経つ。

 それにより、小ロット多品種の着地型商品が充実し、旅行者は自らの興味・関心に基づき自身で旅程を作成するようになると言われていた。結果として、旅行会社(ホールセーラー、リテーラー)は不要になる、とも。

 現実には、街の旅行会社の存在感は縮小しつつも、不要な存在にはなっていない。週末のショッピングモール内の支店では、多くの人がパンフレットを手にパッケージを比較している。

 一般的な旅行者が着地型商品を使いこなし「オーダーメイド」の旅行を楽しんでいる、とは到底言えない。平成が終わっても、「昭和の旅行」が残ったままとも言える。

 当時の予測がある程度実現した分野もある。ウェブ予約の比率が高まったことで、観光宿泊施設、特に温泉旅館のあり方は大いに多様化した。紙のパンフレットに比べ、ウェブ予約は掲載できる情報量が圧倒的に多く、「金太郎あめ」に当てはまらないお宿でも、その特徴を細かく説明できるようになったためだ。

 当時、皆が描いたわが国のツーリズムの未来像の中で、宿泊施設の多様化のみが突出して実現し、それ以外は旧態依然のまま変わらない。その差はどこから生まれたのか。

 宿泊施設の多様化は、クルマ(自家用車、レンタカー)による旅行者に支えられている点である。もともと、クルマ旅行であれば、旅程作成が容易である。あらかじめ手配(予約)が必要なのは宿泊程度と言っていい。宿泊さえ多様化すれば、個性的な旅行を楽しむことができる。

 ところが、公共交通を乗り継いで旅行しようとすると、そうはいかない。旅程作成に大変な手間が必要で、ストレスになる。

(高速バスマーケティング研究所代表)

関連する記事

すき焼きで有名な博多の老舗「中洲ちんや」が、先月惜しまれつつ71年の歴史に幕を閉じた。二代目経営者で女将の古賀人美さんが生まれた年に精肉店として開業、その後飲食店も併設し…

続きを読む

2019年8月から楽天トラベルにおいて、料金体系と基本規約が改訂になるが、その中で最低・同一料金保証の条項が消える。施設にとってはどのチャネルでどういう販売戦略をとるのか…

続きを読む

前回までの「観光と福祉」というテーマから一転して、今回からはしばらく、「宿泊関連研究部会」(以下、「JAFIT宿泊部会」という)のメンバーでリレーさせていただく。 筆者…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube