【岐路 バスと観光 新たな関係 115】どう解決 乗務員不足12 高速バスマーケティング研究所代表 成定竜一

  • 2018年11月20日

 いわゆる「団塊の世代」が65歳を迎えたのが2012年であり、その頃から多くの日本企業で人材不足が懸念されていた。併せて、バス業界では00年の規制緩和によって貸し切りバス事業への新規参入が続いており、それに伴って乗務員のポストも増えていたことから、本来ならその頃に人手不足が顕在化していてもおかしくなかった。

 だが、経済が低迷する中で国内企業の多くは「リストラ」という呼び名で雇用者数の調整を進めていた。バス乗務員という職業は「手に職がつく」ということもあり、経済不順だからこそ志望者が増加していた。

 ある大手私鉄系バス事業者では、その頃に中途採用した乗務員の4人に1人が4年制大学卒業者だったという。それだけに業界の危機感は小さかった。

 乗務員不足が最初に顕在化したのは、東日本大震災(11年)のあと、宮城県など被災地でのことであった。復興需要が旺盛で、バス乗務員よりもダンプカーや資材運搬などのトラックに乗務する方が高収入を得られる「逆転現象」が起こったのである。

 そして13年ごろから、経済が回復基調に入ったこと、為替レートなどの影響で製造業の国内回帰が進んだことから、現役乗務員が他業種へ流出するとともに新たな志望者も減少し、全国的に乗務員不足が一気に顕在化する。

 そのような経緯により、各バス事業者の採用担当は「待ちの採用」から「積極的な志望者獲得」へと急速にかじを切ることになった。

 そこで、採用支援サービスを行っていたリッツMC株式会社が14年7月、バス乗務員に特化した求人情報サイト「バスドライバーnavi(どらなび)」を立ち上げ、筆者はその監修を担当することにした。ミッションは二つ。短期的には、サイト上での比較検討を容易にすることで求職者と求人企業の正しいマッチングを行い、生産性や定着率を上げること。

 長期的には、社会への情報発信や各事業者へのコンサルティングにより、「女性」や「若年層」に象徴される新しい「なり手」を創造することであった。

(高速バスマーケティング研究所代表)

関連する記事

産業遺産、工場遺構、生産現場(工場、工房、農漁場)などを観光資源とする「産業観光」は、国の観光立国推進基本計画の柱の一つとしても採用されることとなった。そして、地方自治体…

続きを読む

今年の初めに「2018年のホテル旅館業界の予測~WEB~」と題し、その中で旅館におけるテクノロジーの活用について触れた。 昨今でも「AI」「IoT」「キャッシュレス社会…

続きを読む

10月、福島県金山町主催で第2回目の只見線シンポジウムが開催された。まず、三角ベースボールの縁で奥会津をこよなく愛し、聖地と呼ぶ作家の椎名誠さんが「只見線の全面復旧への思…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube