【岐路 バスと観光 新たな関係 100】高速バスのバスターミナル13 成定竜一

  • 2018年7月31日

 例えば、現在、東京駅八重洲口から道路を挟んだ街区で進んでいる高速バスターミナルの計画でいえば、開発の主体は地元自治体である東京都中央区である。

 中央区にとって、これまで「インバウンドのバスの問題」といえば、中国や台湾からの訪日バスツアー、いわゆる「爆買いツアー」の貸し切りバスが、銀座の百貨店や免税店の前の公道で乗客を乗降させ、渋滞などを引き起こしていた問題であっただろう。

 しかし、FIT化が急速に進展したことで「爆買いツアー」は急減し、この問題は一段落した。一方、今後はFIT向けの着地型商品(定期観光バスの外国語コースや、募集型企画旅行型式の着地型ツアー)が増加することが考えられる。

 現状では、最も人気のある着地型商品である、はとバスの外国語コース(定期観光バス)と、JTBグループによる「サンライズツアー」(募集型企画旅行)の発着が浜松町バスターミナル内で行われているうえに、都内主要ホテルから浜松町へのピックアップサービスも行われているので、着地型商品が都内の公道上で乗降を行い周囲に迷惑をかけているようなシーンはほとんど見られない。

 だが、今後FITの数はさらに増加するうえに、民泊など宿泊先が多様化することで、ピックアップサービスが行われるような主要ホテル以外に宿泊するケースも増えると考えられる。

 併せて、多数の旅行会社がそれぞれ着地型商品を企画し、外国人にも分かりやすい主要ターミナル駅周辺を集合場所として指定した場合、交通渋滞や地元関係者とのあつれきを生む可能性もある。

 インバウンドが、「空港で貸し切りバスに乗り込み、そのまま免税店などの立ち寄り地点や宿泊施設に横付けする」団体ツアー中心であった頃、中央区にとっては銀座での駐停車が課題であっただろうが、これからは、周辺の区や23区以外の地域に宿泊するFITが、着地型商品に乗車する場所を提供する必要も生まれているのである。

(高速バスマーケティング研究所代表)

関連する記事

産業遺産、工場遺構、生産現場(工場、工房、農漁場)などを観光資源とする「産業観光」は、国の観光立国推進基本計画の柱の一つとしても採用されることとなった。そして、地方自治体…

続きを読む

今年の初めに「2018年のホテル旅館業界の予測~WEB~」と題し、その中で旅館におけるテクノロジーの活用について触れた。 昨今でも「AI」「IoT」「キャッシュレス社会…

続きを読む

10月、福島県金山町主催で第2回目の只見線シンポジウムが開催された。まず、三角ベースボールの縁で奥会津をこよなく愛し、聖地と呼ぶ作家の椎名誠さんが「只見線の全面復旧への思…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube