【岐路 バスと観光新たな関係 114】どう解決 乗務員不足11 高速バスマーケティング研究所代表 成定竜一

  • 2018年11月13日

 バス乗務員不足解消に向けて、女性と若年層に象徴される新しい「なり手」の創出に向けては、個別の事業者の努力には限界がある。人口構成の変化により国全体が人手不足の状態にある中で、他業種との競争状態が生まれているからだ。

 新しいなり手を見つけ出すには、第1に、バス乗務員という職業を想起させ選択肢の一つだと認識してもらうことが必要であり、第2に、給与などの労働条件をはじめとした職業としての魅力づくりを進めていかなければならない。

 まず第1の課題。近年、数々の求人メディアが部数を競い転職イベントも数多く開催されているが、これまで、バス事業者の求人(乗務員募集)活動は控えめであった。

 路線バスや高速バスを運行する乗合バス事業者の場合は、地域を代表するバス事業者として安定した応募があった。2000年ごろまで、首都圏や京阪神の大手私鉄系バス事業者の乗務員の待遇は極めて恵まれていて、トラックなど他業種のドライバーたちの中には、それらの事業者に転職することを目標とする者も多かったようだ。

 さらに、各事業者は自社のバス車両や、会社によっては親会社の鉄道車内あるいは駅などに、無料でポスター類を掲出することもできる。路線バスや鉄道は、沿線においてはそれ自体が有力なメディアだといえる。

 その車内や駅に無料で露出できることは大きなアドバンテージであった。ポスターといっても、美しい写真などを使うクリエイティブなデザインというよりは、シンプルなノーティス(告知文)程度のものが多かった。彼らの場合は、これまで「特にがんばらなくても十分な応募があった」といえる。

 逆に、中小規模の貸し切りバス事業者の場合は、求人の規模が小さいこともあり、外部の媒体に求人広告を出稿することは少なかった。「社員紹介制度」などの形で、現役の乗務員が仲間の乗務員を紹介すれば礼金を出し、紹介された側には支度金を先渡しする、という程度のことで間に合っていたようだ。

(高速バスマーケティング研究所代表)

関連する記事

産業遺産、工場遺構、生産現場(工場、工房、農漁場)などを観光資源とする「産業観光」は、国の観光立国推進基本計画の柱の一つとしても採用されることとなった。そして、地方自治体…

続きを読む

今年の初めに「2018年のホテル旅館業界の予測~WEB~」と題し、その中で旅館におけるテクノロジーの活用について触れた。 昨今でも「AI」「IoT」「キャッシュレス社会…

続きを読む

10月、福島県金山町主催で第2回目の只見線シンポジウムが開催された。まず、三角ベースボールの縁で奥会津をこよなく愛し、聖地と呼ぶ作家の椎名誠さんが「只見線の全面復旧への思…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube