【山崎まゆみの「ちょっと よろしいですか」5】ウィーンの日帰り温泉施設 温泉エッセイスト 山崎まゆみ

  • 2018年11月17日

 オーストリアには各地に温泉が湧き、音楽家が愛した温泉もあれば、前回ご紹介したハプスブルク家ゆかりの温泉もあります。今回はウィーンから気軽に日帰りできる温泉を記します。

 日帰り入浴施設「テルメ・ウィーン」は2011年と2014年にヨーロッパ・ヘルス&スパ・アワードのベスト温泉部門で金賞に輝いた注目の施設です。

 ウィーン国立歌劇団オペラ座前の地下鉄の駅から電車で15分。オーバーラー駅に降り立ち、ガラス張りの直結廊下で施設に向かうと、まるで戦艦のような…、巨大な建物が目に入ります。エントランスで入館手続き。鍵付きの個室着替え所と3時間入浴のセットで22ユーロ。

 水着に着替えて、温泉ゾーンへと行くと、大小九つのプールがありました。広い敷地にプールが点在しているので、迷子になりながら全体を歩いてみました。さすが、注目される施設だけあり、天井のシンメトリーやプールのタイル張りなど、日本の温泉施設ではあまり見かけない洗練された色彩でデザインされていました。瞑想(めいそう)ゾーンや勢いよく温泉が流れるプールもあります。ジャンプ台やウオータースライダーもあるので楽しみ方は豊富。日本はゆっくりと湯に浸かるのを良しとするのなら、ここはよりよく遊べることに重きを置いているように見えます。

 最も印象的だったのが子どもの姿が多いこと。それも赤ちゃん連れの若いママをたくさん見かけました。子ども用のプールゾーンが広く、全体の4分の1は子どもが楽しめるスペースです。子どもたちは両腕に浮輪を付けて遊び、それを大人たちが優しい眼差しで見つめるほほ笑ましい光景がありました。

 加えて温泉プールの3倍から4倍ほどはある広いスペースにいくつものデッキチェアが置かれてあります。私が訪ねたのは平日の広間だったこともあり、ぐずる赤ちゃんをあやしながらママさんたちも気兼ねなく寛いでいました。

 泉質は硫黄泉のようですが、ほとんど匂いはしませんでした。

 もちろん大人も楽しめます。プール全体を見渡すと、大人たちが等間幅にプールの縁に立っていたりします。近寄ってみると、水流が体に当たる場所がプールの縁に示されています。それぞれ当たるのは足首、ふくらはぎ、膝、太もも、腰、背中、肩。全てを回れば、全身マッサージしたことになります。

 レストランは水着の上にバスローブや体を隠す布を羽織れば、そのまま入れました。

 3時間ほどで一通りのプールを体験し、施設を出る頃は、空腹でお腹が鳴っていました。日本では温泉は癒やされるものですが、ウィーンではよく遊んだなぁという心地いい疲れが体を覆う体験でした。

(温泉エッセイスト)


      

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram