【女将が見た10年とこれから】福島県旅組女性委員会 若松佐代子委員長

  • 2021年3月11日

福島県旅組女性委員会 若松佐代子委員長

とびきりの笑顔でおもてなし

 東日本大震災から10年、多くの人に支えられ、励ましをいただいて心から感謝申し上げます。

 いわき湯本温泉は、震災の後、東京電力の事故により、生活が一変してしまいました。最初は傷をなめあうために集まっていた隣近所の女将さんたち。

 「どうする?」「どうなっちゃうんだろうね」の言葉に始まり、「私たちだけではないんだから、しょうがないね」に終わる会話もいつしか、いわき湯本温泉がなくなってしまうのではないか…私たちが愛してやまないこのまちを後世まで残したい、という気持ちになってきて、今こそ自分たちの手で何とかしなければ! かつて斜陽化した常磐炭鉱の町を救ったフラガールのように! と思いを熱くしました。

 訪れる全ての皆さまに元気と笑顔を届けるために温泉の持つ「和」の文化とスパリゾートハワイアンズに代表される「フラ」の文化を融合することにより、ここにしかない「まちづくり」を行い、フラのまち宣言をして、私たちはフラ女将となりました。

 「私たちが楽しくやっていないと子どもたちも後を継いでくれないよね!」と言って、まちの活気を取り戻そうと頑張っています。

 10年の間、東京電力の事故により目には見えない放射能と戦い、風評で今も苦しんでいます。一昨年の台風19号の被害、コロナという、目には見えない感染症との戦い。湯本の女将たちも強くたくましくなるはず。立ち上がってはうちのめされ、立ち上がってはやっつけられての10年。そして東日本大震災の余震とするマグニチュード7・3の地震。

 でも私たち女将は、重い重いおしりをあげて立ち上がろうとしています。楽しいまちづくりを目指して。オリンピックという起爆剤を消さないで。世界中の人たちに、思い切り、とびきりの笑顔でおもてなしをしたいです。

(雨情の宿新つた)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram