【商品リポート】日本イトミックの業務用エコキュート小型機

  • 2022年11月16日

熱源機(左)と貯湯タンク

1日で最大20トンに対応

 1948年創業の電気給湯機器専業メーカーの日本イトミック(東京都墨田区)は、10月から業務用エコキュート小型機15キロワットシリーズの新機種「CHP―15H2」を発売した。新製品は昨年9月に販売を終了したモデルの後継機種で、同シリーズに相当する機種の交換に対応する。

 加熱能力は従来型と同じく、15キロワット。給湯量は1トンから可能で、「1日で最大20トンに対応し、小・中規模の宿泊施設をカバーする」とマーケティング部次長の谷本洋太氏。

 熱源機は旧型のサイズを維持しつつ、アンカーの位置などは入れ替えに配慮した。「施設のリニューアルの際には商品選定の選択肢に加えていただければ」と谷本氏。

 併せて、新型タンクユニットを開発したことも特徴。高さを2千ミリ以下にするなど、前機種と比較して、体積比で68%にし、小型化を図った。

 また、配管の口径を熱源機と同じく25A(外径34ミリ)にしたことで、一度にたくさんの湯を供給することが可能になった。貯湯量はタンクユニット1台で500リットル。

 ほかにも、標準仕様で490キロパスカルという高い給湯圧力を採用したため、タンクから離れた場所や階上にも給湯できる。「シャワーはより強く、お風呂の湯はより早くためられる」と話す。

 オプションの多機能リモコンを活用することで、定休日などの休止設定や、ピークカット設定など、施設に合わせた活用が見込める。沸かし上げ温度も65~90度の5度刻みで自動設定できる。

 この件についての問い合わせ先は、日本イトミックマーケティング部TEL03(3621)2126。

熱源機(左)と貯湯タンク

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram