【全旅連 第25回 人に優しい地域の宿づくり賞 1】厚生労働大臣賞 富士レークホテル

  • 2022年10月6日

東京2020パラリンピック受け入れ

 山梨県富士河口湖温泉郷の富士レークホテルは、東京パラリンピックに出場する自転車競技選手と大会関係者20カ国、200人の宿泊を受け入れた。1999年にユニバーサルデザインの客室第1号をオープンするなど、バリアフリー対応を業界でいち早く進めてきた同ホテル。その実績が生かされた。

 食事は朝から夜までビュッフェ営業を行い、アスリート対応ほか、ハラル、ベジタリアンと、全ての宗教の条件に合うように工夫。

 ハード面では既に一定のバリアフリー対応がなされていたが、スロープ角度を世界基準に合わせるなど、さらに改修した。

 選手らはコロナ禍でホテルと競技会場の往復のみを強いられていた。そのため「せっかく富士山麓に来たのだから、地元の大自然を味わってもらいたい」と、通訳案内士会、エコツアー事業者らとのタイアップでオンラインによるバーチャルツアーを催行。ホテルにいながら富士山五合目や青木ヶ原樹海の自然を満喫してもらった。
 
 「大会が終了し、関係者の皆さまから『また来るね』とお声掛けをいただき、従業員一同、涙でお見送りした」。「国際大会を受け入れたホテル」としてブランド価値が向上するとともに、従業員一人一人にとってもこれらの経験が大きな喜びと財産になったという。

河口湖と富士山が望めるホテル 富士レークホテル【公式】

 

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram