【体験・交流型の修学旅行】越後田舎体験推進協議会(新潟県・上越市・十日町市)

  • 2019年5月7日

米どころ新潟での田植え体験

今こそ必要な 人と人をつなぐ体験・交流

 全国でも「田舎」らしい風景が残る地域はたくさんあります。新潟県上越市・十日町市にも棚田があり、ブナ林があり、田舎らしい暮らしがあります。私たちは自然と自然のつながり、自然と人とのつながり、人と人とのつながりを大切に考え、そのさまざまなつながりを暮らしや体験、人との交流の中で、肌や心で感じてもらえるような受け入れを行い、20年が過ぎました。受け入れ、指導、案内など地元の方が連携し、自ら楽しんでこの事業に取り組んでいます。

 持続可能な開発目標であるSDGsの活動・学びに最適な田舎
 
 全国にある田舎のほとんどが、人口減・高齢化が進んでいるのが実情です。では、なぜ田舎に人は暮らさないのか。暮らしにくいのか。棚田、森林、第1次産業などの役目はなんだろう。実態を現場にお越しいただき、田舎の良し悪しを肌で感じ、田舎の必要性を検証し、田舎を残すために何が大切で、どんな行動を起こしたらいいのか。皆さまの知恵をいただきながら、共に考え、行動していくことが、持続可能な開発目標であるSDGsの活動につながっていくと考えています。

体験・活動から育まれる、考える力

1.事前学習

 事前に訪れる田舎のことを調べていただきます。調べるためにテーマを絞っていただくと物事を深く知るきっかけになると思います。こちらの資料や問題点などをお送りいたします。

2.現地研修

 実際にこちらにお越しいただき、田舎の自然環境、田舎の生活、生産現場、食材、文化などを体験していただきます。

(1)農村生活体験(民泊)

 上越市・十日町市では、ごく普通の民家に宿泊してその家での生活を体験していただきます。協力いただいている200軒の民家で、700人ほどの学生を受け入れることが可能です。

(2)田植え体験

 エリアは平野部から山間部まで水田があり、5月上旬から6月上旬まで田植え体験が可能です。機械化が進む中、体験は素足で田んぼに入り、手植えをしていただきます。昔ながらの田植えの苦労と土に触れる感覚を体験していただきます。

(3)自然観察ハイキング

 田舎の暮らしは、自然とのつながりが強く、自然の役割や自然がもたらしてくれるものを現場で学びます。

(4)食体験

 自然や各民家などで採れた野菜などを使った食体験では、日本の食文化の原点を学びます。

(5)ものづくり・文化

 暮らしの中にある物や文化は、使わなければ、誰かが伝承しなければ、消えてしまいます。物や文化を後世に残すことができるのは私たちだけです。

3.意見交換・活動提案などから振り返りまで

 グループワークでお互いに体験したことや感想を話し、自分たちができることと地域(田舎)ができることを話し合います。今回の体験学習で得られたこと、感じたこと、これからの活動に役立てたいことなどのまとめをします。

米どころ新潟での田植え体験

越後田舎体験

 


関連キーワード

関連する記事

富士山を望む河口湖畔の宿 秀峰閣湖月 河口湖の温泉、宿泊なら『秀峰閣湖月』公式HP  

続きを読む

京王プラザホテル「魂を映す武荘の美学 匠の伝承」入場無料 新宿のホテルなら京王プラザホテル【公式サイト】  

続きを読む

読者総数1200万人公益社団法人 日本専門新聞協会 日本専門新聞協会  

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube