【人事】福島市飯野町「国際未確認飛行物体研究所(UFO研究所)」の初代所長に雑誌「ムー」の三上丈晴編集長

  • 2021年6月25日

 「国際未確認飛行物体研究所(UFO研究所)」の初代所長に24日、雑誌「ムー」の三上丈晴編集長が就任した。

株式会社 ワン・パブリッシング(東京都台東区/代表取締役社長:廣瀬有二)が発行する月刊「ムー」は、「UFOの里」として知られる福島県福島市飯野町の「国際未確認飛行物体(UFO)研究所」の開設、運営に協力することをお知らせします。研究所初代所長には、「ムー」の三上丈晴編集長が就任いたします。
福島市飯野町は「UFOの里」として知られ、同地には1992年にオープンしたUFO情報交流スポット「UFOふれあい交流館(通称UFO館)」を通じて未確認飛行物体の謎の解明に挑んでいます。

  • 福島市飯野町の「UFOの里」とは?

福島県福島市飯野町は約30年前からUFOの里として地域おこしに取り組んできており、街なかには、宇宙人の石像やUFOの形をした街灯、UFOの交番などがある有名スポット。その中心的な施設である「UFOふれあい交流館」は、平成4年に開館し、来年(令和4年)で30周年を迎えます。 UFOふれあい館には、日本のUFO研究家として著名な故荒井欣一氏から寄贈されたUFO関連資料など約3000点が収蔵されており、年間約3万人が訪れるUFOファン必見の場所となっています。

  • 「国際未確認飛行物体(UFO)研究所」初代所長に「ムー」の三上丈晴編集長が就任

今回開設される「国際未確認飛行物体(UFO)研究所」は、研究所会員を募り、UFOの各種調査、研究、イベント等を通じて、交流人口、関係人口の拡大を図り、地域の活性化を目指すものです。 初代所長に、「ムー」の三上丈晴編集長が就任します。1979年創刊以来、国内外のUFO、超常現象を追ってきた「ムー」と「UFOの里」、そして国際未確認飛行物体(UFO)研究所」の開設にあわせて募集される会員の知見を組み合わせ、福島市からUFO情報の発信を行っていきます。 

■国際未確認飛行物体(UFO)研究所の概要

(1)設立日 2021年6月24日(木) ※UFOの日
(2)設置場所 UFOの里「UFOふれあい館内」(福島県福島市飯野町)
(3)研究所体制
・研究所長:三上丈晴(月刊ムー編集長)
・研究所博士:木下次男(UFO研究家、初代交流館館長、飯野町在住)
・主管:いいの街なか活性化委員会(会長 斎藤弘、飯野町商工会会長)
・事務局:UFOの里いいの聖地化プロジェクトチーム
(4)主な研究活動
①世界中の未確認飛行物体目撃情報の収集、分析、公開
②UFOとの遭遇に向けた調査研究、挑戦
③UFOの里千貫森の謎の調査、研究
④UFO関連商品の開発、販売 ほか

 


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram