【人事】ローズウッド ホテル グループ、EMEACオペレーション担当上級副社長にビクター・クラベル氏

  • 2022年6月14日

 ローズウッド ホテル グループは9日、EMEACオペレーション担当上級副社長にビクター・クラベル氏を任命したと発表した。

ローズウッド ホテル グループは、このたび、ビクター・クラベルのEMEACオペレーション担当上級副社長就任を発表いたします。今回ローズウッド重役陣への増員は、当ブランドが継続中の世界的な成長と拡大を反映しています。

新役職でビクターは、ヨーロッパ、中東、カリブ海を網羅するEMEAC地域におけるグループ物件において、オペレーションの成功を牽引し、収益力ある戦略を実施して、人材を開発のマネジメントを担当します。ビクターはローズウッド ウィーンの7月開業と、他の高級プロジェクトの新規物件ラインナップへの追加に向けた準備を行うという、ローズウッド ホテル グループにとって活気に満ちた重要な時期に合わせて就任いたします。

ビクターは、団結力のある一流チームの構築と持続における優れた実績を残しており、ラグジュアリー ホスピタリティー分野で積み重ねた30年の経験を当グループにもたらします。ローズウッド入社前の役職として、サウジアラビアの公的投資ファンドが所有するウルトラ ラグジュアリー開発プロジェクトであるAMAALAの最高執行責任者(COO)を務めていました。以前にはマリオット インターナショナルで28年にも及ぶ勤務年数を誇っており、リッツ カールトン ホテル社で管理職からアジア太平洋地域でのブランドのラグジュアリー ポートフォリオ担当副社長まで登り詰めました。

バルセロナ大学を卒業し経営学学位を取得、サリー大学でホテル経営学、ハーバード ビジネス スクールで経営者教育の追加学位と履修証明を取得しています。

「ローズウッド ホテル グループの継続的な成長に伴い、重役陣に新たな素晴らしい人材を受け入れる喜びを感じています。ローズウッド ファミリーは、ヨーロッパ、中東、カリブ海市場での成長著しいプレゼンスに貢献するオペレーション担当上級副社長として、ビクターを迎えることになりました。ビクターは常に卓越を目指し、努力を重ね、内面の成長とチームワークの重要性を理解するというローズウッドに最も特有な価値観の多くを共有しています。ビクターのリーダーシップの下、私たちの足跡と人材開発における成長および進化という両側面において、ブランドが経験している素晴らしい流れに乗りながら、私たちの拡大と構築が続いていくと確信しています」ローズウッド ホテル グループCEOソニア・チェンのコメント

ローズウッド ホテル グループについて
私有企業であるローズウッド ホテル グループは、世界最大手のグローバル ライフスタイルおよびホスピタリティー経営グループです。ウルトラ ラグジュアリーな「ローズウッド ホテルズ&リゾーツ®」、高級な「ニュー ワールド® ホテルズ&リゾーツ」、ローズウッドによるライフスタイル ホテル コンセプトである「KHOS」、統合健康コンセプト「アサヤ」、モダンで進歩的なプライベート会員制クラブ「カーライル&コー.」の5ブランドを含んでいます。連結ホテルポートフォリオは19カ国のホテル41軒から構成されており、約30軒新物件を現在開発中です。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram