【人事】コンラッド大阪 総料理長に山田智樹氏

  • 2022年12月29日

 コンラッド大阪(大阪府大阪市、総支配人=マルコ・ティラフェリ)は2022年12月19日、総料理長に山田智樹(やまだ ともき)氏が就任したと発表した。

コンラッド大阪 総料理長 山田智樹

コンラッド大阪 総料理長 山田智樹

2001年、イタリア料理レストランの見習いからそのキャリアをスタートした山田は、5年間でアシスタントシェフにまで昇任。その後、外資系ラグジュアリーホテルのイタリアンにてシェフドパルティエまでを歴任し、ホテル内のビストロノミーレストランの改装立上げのキッチン責任者も兼務。2015年より関西を中心に展開するラグジュアリーイタリアンレストランの料理長として複数の店舗のキッチン統括管理を担当し、2017年4月、コンラッド大阪でホテル開業と同時にオープンしたシーフードグリルレストラン「C:GRILL(シーグリル)」の料理長として就任しました。その後ホテルのスーシェフを兼務し、総料理長の右腕としてホテル全体のレストランを統括。ゲストの期待を超えたものを提供するという情熱のもと、産地や旬にこだわって厳選した食材、卓越した技術と繊細なセンス、そして創造性溢れるこだわりで、ゲストの感性をインスパイアする格別な食体験を提供してきました。

山田は今後コンラッド大阪の総料理長として、客室数164室、4つのレストラン&バー、バンケット施設の調理部門を統括することになります。
今回の総料理長就任にあたり山田は、「地に根差した物を、料理として地に返していくのがモットーです。料理の背景にある生産者の思いを尊重し、素材を最大限に生かす味付けや、食材を無駄にせず全て使用出来るように心がけています。自身が古代種の植物を育てていた農場で研修を積んだ経験などから、持続可能な食材の使用や調理法に20年以上取り組んできました。今後は更にサステナビリティへの取り組みに注力し、総料理長として企業の責任を果たす一端を担っていきたいと思います。また、人材育成にも力を入れ、チーム一人ひとりの隠れた才能を発掘していくことによって、各々がトップパフォーマーになれるような職場を目指し、それが未来の人材の求心力にも繋がれば」と述べています。

###

 

コンラッド大阪について
水都大阪の新たなランドマーク「中之島フェスティバルタワー・ウエスト」の最高層階(33~40階)に2017年6月9日に開業したコンラッド大阪は、ビジネスとプライベートをシームレスに楽しみ人生の歓びを謳歌する「スマート・ラグジュアリー・トラベラー」をターゲットとした次世代型のスマート・ラグジュアリーホテルです。“Your Address in the Sky – 雲をつきぬけて–” をコンセプトに地上200メートルから壮大なパノラマビューを眼下に見渡すホテルには、50㎡~の広さを誇る客室(164室)、天下の台所大阪らしさとコンラッドならではのインスピレーションに満ちた4つのレストランとバー&ラウンジ、最新鋭の設備を備える2つのバンケット施設、スパ、プール、フィットネスクラブ、ウエディングチャペルなど、充実の設備を擁しています。コンラッド大阪は、人と人、人と街、アート、そして文化をコネクトし、従来のラグジュアリーを超えた正真正銘のラグジュアリーを提供します。コンテンポラリーテイストと和の伝統が融合したアート作品を散りばめたコンラッド大阪に足を踏み入れた時、ゲストはインスピレーションを感じ、そこに新たなスマート・ラグジュアリーが生まれることでしょう。コンラッド大阪に関する詳細は、conradosaka.jp をご覧ください。

コンラッド・ホテルズ&リゾーツについて
ホスピタリティ業界のグローバルリーダーであるヒルトンの1ブランドとして、世界5大陸に40軒以上のホテルを展開しているコンラッド・ホテルズ&リゾーツは、コンテンポラリーなデザインや先進的なイノベーション、キュレーションアートで、新しいことに挑戦する世界中のお客様の感性を刺激します。またコンラッドでは、ローカルや世界の文化に触れながら、お客様に満足いただけるサービスを体験することができます。コンラッド・ホテルズ&リゾーツのご予約は、公式サイト(https://conrad.hiltonhotels.jp/)または業界をリードするヒルトン・オナーズのモバイルアプリから。ヒルトンの公認予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員には、すぐに利用できる特典をご用意しています。

最新の情報はこちらをご覧ください。newsroom.hilton.com/conradhotels, www.facebook.com/conradhotels, www.instagram.com/conradhotels, www.twitter.com/conradhotels.


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram