【マンスリーリポート 観光の現場 47】「ワーケーション」旅行会社の取り組み

  • 2021年5月31日

ワーケーションのイメージ(写真提供JTB)

 コロナ禍でテレワークが急速に普及し、観光地でテレワークを活用しながら休暇を取る「ワーケーション」にも注目が集まっている。旅行会社はワーケーション需要の獲得に向けてどう取り組んでいるか。主要な旅行会社6社に対し聞き取り調査を行った。

 まず、ワーケーション市場の現状をどう捉えているかを聞くと、各社の見解はほぼ共通していた。それは「マーケットは、働き方改革や地域創生といった政府の動きと連動した観光地、施設などにより、受け入れ側の環境整備などの事業が活性化している」(近畿日本ツーリスト)とする一方、企業は「コロナの影響で積極的にワーケーションを取り入れる動きは顕在化していない」(JTB)という見方だ。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram