【データ】GWのお出かけ動向調査

  • 2022年5月4日

 アクトインディは4月27日、GWのお出かけ動向調査の結果を発表した。

国内最大級の子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」を運営するアクトインディ株式会社(東京都品川区 代表取締役:下元敬道 以下、アクトインディ)は、「いこーよ」ユーザーを対象にアンケートを実施し、「まん延防止等重点措置」が全面解除された2022年のゴールデンウィーク(GW)のお出かけ動向について、大規模調査を実施しました。
【アンケートについて】
期間:2022年4月14日(木)~4月20日(水)
対象:「いこーよ」登録ユーザー(メールを送信し、アンケートフォームで回答)
回答数:1,355件

2022年GW人気レジャーランキング トップ10

Q:2022年のGWに子供とやりたいことは何ですか?(複数回答可)

  • 1位  バーベキュー:475pt(35.1%)
  • 2位  旅行:461pt(34.0%)
  • 3位  帰省:349pt(25.8%)
  • 4位  動物園:344pt(25.4%)
  • 5位  水族館:303pt(22.4%)
  • 6位  遊園地:263pt(19.4%)
  • 7位  キャンプ:262pt(19.3%)
  • 8位  牧場:185pt(13.7%)
  • 9位  博物館:165pt(12.2%)
  • 10位  プール:135pt(10.0%)

※カッコ内は、全回答数1,355件に対する、その項目が含まれた回答数の割合

今回の調査では、「バーベキュー」(475pt)、「旅行」(461pt)という意見が多くありました。

「バーベキュー」は、コロナ禍でアウトドアブームが続くなか、気軽に楽しめる屋外レジャーとして注目が集まっており、回答者の3割以上がやりたいこととして挙げています。

「旅行」についても、3割以上の人が行きたいと回答。「帰省」(349pt)とあわせると、6割近い結果になりました。

一方、2021年のゴールデンウィークにどう過ごしていたかも聞きました。

Q:2021年のGWはどのように過ごしましたか?

  • 旅行の予定は立てず自宅で過ごした:906pt(67%)
  • 旅行の予定を中止して自宅で過ごした:172pt(13%)
  • 予定通り旅行をした:127pt(9%)
  • 行先を変更して旅行をした:92pt(7%)
  • 旅行の予定は立てず、近場等におでかけした:39pt(3%)
  • その他:19(1%)

Q:2021年のGW期間中、旅行以外はどう過ごしていましたか?

  • 公園:686pt(51%)
  • ショッピングモール・買い物:195pt(14%)
  • 出かけなかった:81pt(6%)
  • 屋内遊び場:17pt(1%)
  • 遊園地:13pt(1%)
  • 潮干狩り・磯遊び:13pt(1%)
  • キャンプ:12pt(1%)
  • 食事:11pt(1%)
  • その他:327pt(24%)

2021年のゴールデンウィークについては、約半数が「旅行の予定は立てず、自宅で過ごした」と回答。また、旅行以外でどんな過ごし方をしたか聞いたところ、「公園」(686pt)という意見が半数を占め、外出を自粛して近場で時間を過ごしていた様子がうかがえます。

2021年と2022年の結果を比較すると、まん延防止等重点措置が全面解除された現在、コロナ禍の不安が軽減され、おでかけする機運が高まっていることが示されました。

2022年GW旅行期間が拡大傾向

Q:2022年GWの旅行の予定について具体的に教えてください

  • 一泊二日:102pt(45%)
  • 二泊三日:65pt(28%)
  • 三泊四日:9pt(4%)
  • 四泊五日:10pt(4%)
  • 五泊六日以上:13pt(6%)
  • 日帰り:30pt(13%)

※有効回答数229件

Q:2021年に旅行をされた方にお聞きします。日程を教えてください

  • 一泊二日:101pt(38%)
  • 二泊三日:48pt(18%)
  • 三泊四日:22pt(8%)
  • 四泊五日:12pt(5%)
  • 五泊六日以上:6pt(2%)
  • 日帰り:75pt(29%)

※有効回答数264件

ゴールデンウィークの旅行について、2022年の予定と、2021年に何泊の旅行をしたか聞いたところ、2021年に多かった「日帰り」という意見が2022年は大幅に減り、「二泊三日」が増加しました。また、数値自体は大きくないものの、「五泊六日以上」の旅行を考えている割合が2021年より増加しました。

2021年は実際に旅行をした人の意見、2022年はあくまで予定、ということで、単純に比較できるわけではありませんが、ここでも旅行への意欲の高まりが感じられる結果になりました。

以上の結果から、2022年のゴールデンウィークは、2021年までと比べて、レジャーや旅行への気運が高まっていることがわかりました。感染対策は引き続き求められますが、以前よりお出かけを楽しめる状況になったといえるでしょう。

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram