【データ】308軒の宿泊施設を対象とした問い合わせ電話に関する調査

  • 2022年11月28日

 IVRyは22日、308軒の宿泊施設を対象とした問い合わせ電話に関する調査の結果を発表した。

月額3,000円から使える電話自動応答サービス「IVRy(アイブリー)」を提供する株式会社IVRy(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:奥西 亮賀、以下「当社」)は、この度、IVRyを導入するホテル・旅館など、308の宿泊施設を対象として問い合わせ電話に関する調査を実施。

2022年10月に発表された全国旅行支援及び入国規制緩和により、多くの問い合わせが集まる日本国内の宿泊施設及び旅行関連事業者の電話問い合わせの実態について、ご報告いたします。

 

【主な調査ハイライト】
1. 10月11日の全国旅行支援開始後、2022年9月と比較して4倍超の問い合わせが発生
2. 10月と比較すると落ち着きを見せるものの、依然問い合わせ数は高水準を維持(11月20日時点)
3. 9月同日比で13.6倍の着電数を記録するホテルも
4. 電話自動応答サービス「IVRy」活用により、電話対応における平均50%を超える省人化に成功している企業も

【調査概要】
調査名  :宿泊施設における2022年9月〜11月までの問い合わせ電話のトレンド調査
調査対象 :IVRyを導入している宿泊施設
調査地域 :日本全国
調査方法 :IVRyにおける着電データより算出
対象期間 :2022年8月1日〜2022年11月20日
有効回収数:308社
調査会社 :株式会社IVRy

  • 月次着電トレンド推移

問い合わせ電話の総数では、8,9月と比較して10月の問い合わせが激増。特に10月11日に政府が発表した全国旅行支援開始の翌日、翌々日において問い合わせ電話が急増しました。11月における着電数は10月と比較すると多少の落ち着きは見せているものの、依然として8,9月と比較すると高い水準となっています。

<月次での着電数の推移>

月次推移:8月1日〜11月20日月次推移:8月1日〜11月20日

<週次での着電数の推移>

週次推移:8月21日〜11月20日週次推移:8月21日〜11月20日

<某宿泊施設における実例>
一例として、某ホテルでは、9月と比較して、10月12日には857件の問い合わせを記録。前月同日比13.6倍の問い合わせ電話数を記録。11月の受電に関しても、全体推移とほぼ同様となっています。

某ホテルでの着電トレンド推移:9月1日〜11月20日某ホテルでの着電トレンド推移:9月1日〜11月20日


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram