【データ】2022年 年末年始に購入・消費したい商品・サービス 第56回 Ponta消費意識調査 

  • 2022年12月29日

 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(東京都渋谷区、長谷川剛社長)は2022年12月22日、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するために2022年12月1日(木)~12月3日(土)に「Pontaリサーチ」で実施した「第56回 Ponta消費意識調査」の結果を発表した。同調査では、「年末年始に購入・消費したい商品・サービス」などについて、消費者の意識を調べた。

  • 注目トピック: 年末年始に購入・消費したい商品・サービス

<消費者意識:年末年始に購入・消費したい商品・サービス>
・年末年始に購入・消費したい商品・サービス

- 1位「食品(ふだん食べるもの)」、2位「食品(お取り寄せなど、特別なもの)」、
3位「外食(食堂・レストラン、和・洋・中ほか専門店)」。「特にない」は昨年調査から1.8ポイント増加

・「食品(ふだん食べるもの)」を選んだ理由
-「在宅時間が長いから」が最も高く、次いで「自炊して節約するため」が続く

・「外食」「旅行」を選んだ理由
-「外食」または「旅行」を選んだ理由、ともに1位は「家族・友人とのコミュニケーションのため」

・「外食」「旅行」を選んだ理由(コロナ影響に関すること)
- 1位「感染対策を十分にするため」、2位「ワクチン接種をしているため」、3位「行動制限が出ていないため」

<節約志向>
・消費者の節約志向

-「節約したい」派は67.8%となり、前回調査より2.7ポイント増加

<ポイントサービスの利用意向>
・ポイントの活用意識と節約志向

-「節約したくない」派では、「分からない・決まっていない」が48.9%と最も高く
「節約したい」派では、「いまつかいたい」が46.1%と最も高い。
「節約したい」派に高いポイント活用意識がうかがえる

詳しくはPDFをご覧ください。
https://www.loyalty.co.jp/storages/pdf/221222_1.pdf

<調査概要>
調査方法: インターネット調査
調査期間: 2022年12月1日(木)~ 12月3日(土)
パネル  : 「Pontaリサーチ」会員(Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
回答者数: 3,000人 男性、女性×年代別(20・30・40・50・60代以上)の各10セルで300サンプル
※調査結果は小数点第2位を四捨五入しています。

<「Pontaリサーチ」について>

 PontaリサーチはLMが提供するリサーチサービスで、Ponta会員のうち「Pontaリサーチ」にご登録いただいているPontaリサーチ会員を対象に、自主調査や企業および団体などから依頼を受けたアンケートをご案内しています。Pontaリサーチ会員の皆様は、アンケートにご協力いただくことでPontaポイントをためることができます。
「Pontaリサーチ」サイトURL:https://www.loyalty.co.jp/ponta-research/


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram