【データ】2020年キャンプに対する意識・行動調査

  • 2021年2月28日

 パシュートは17日、2020年キャンプに対する意識・行動調査の結果を発表した。

調査サマリー
●キャンパーお気に入りアウトドアブランドランキングは、「Snow Peak」「Coleman」「DOD」が上位に
●年間キャンプ回数は、初心者も上級者も年4~9回が大半
●ソロキャンプ(大人1名)の宿泊予算(1泊2日)は、平均8,500円

株式会社パシュート(本社:東京都文京区、代表取締役:中道麦)が運営するキャンプ・アウトドア情報を発信するWEBメディア「LANTERN-ランタン-」は、2020年にキャンパーに行ったアンケートの調査結果を公表します。

「LANTERN」の人気コンテンツである「キャンプスタイル」では、キャンパーに現地取材を行っており、リアルなキャンプスタイルの掲載数では業界No.1です。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、キャンパーへの取材はマスクを着用し、ソーシャルディスタンスを保ったうえで行いました。

 

調査概要

  • 調査名:キャンプに関する意識調査
  • 調査地域:雨飾高原キャンプ場(長野県)、マキノ高原(滋賀県)、かぶとの森テラス(三重県)
  • 調査対象:キャンプ場利用者313組
  • 調査期間:2020年1月1日〜12月25日
  • 調査方法: 現地アンケート

■キャンパーお気に入りアウトドアブランドランキング
キャンパーに聞いたお気に入りのブランドランキングでは、1位スノーピーク、2位コールマン、3位DODという結果になりました。

 

グローバル企業に成長したスノーピーク(67票)に、2021年に創業120周年を迎える伝統のコールマン(45票)。スノーピークとコールマンで40%近く票を集め、日本のキャンプシーンをけん引する両ブランドの人気の高さが目立ちます。3位にランクインしたのは、DOD。ユニークな商品ネーミングと高いコストパフォーマンスで、着実に人気を高めていますね。

テンマクデザインにノルディスク、オガワ、モンベル、ユニフレームもキャンパーに支持されています。表に記した以降のランキングはというと、THE NORTH FACE、CHUMS、Petromaxも票を集めました。

なおキャンプ歴別(1年未満、3年以上5年未満、キャンプ歴5年以上)のお気に入りアウトドアブランドランキングTOP3は、下記のようになっています。

■キャンプ歴1年未満

  1. Coleman(コールマン)
  2. Snow Peak(スノーピーク)
  3. DOD(ディーオーディー)

■キャンプ歴3年以上5年未満

  1. Snow Peak(スノーピーク)
  2. Coleman(コールマン)
  3. DOD(ディーオーディー)

■キャンプ歴5年以上

  1. Snow Peak(スノーピーク)
  2. Coleman(コールマン)
  3. mont-bell(モンベル)

■年間のキャンプ回数
続いて、「年間のキャンプ回数は?」という質問に対するキャンパーさんの回答結果です。

約50%近い回答となったのが「4~9回」。46.6%のキャンパーが、1シーズンに1度以上キャンプを楽しんでいます。キャンプ歴別の回答結果をお伝えすると、「キャンプ歴1~2年」というビギナーキャンパーでも「4~9回」が39,8%と最も多く、「キャンプ歴3~5年」になると「4~9回」の割合は、57,6%と過半数以上に達していました。「一度行くとまたすぐに行きたくなる」、キャンプにはまる理由の一つと言えるのかもしれません。

「4~9回」に次いで回答が多かったのが、「10回~19回」。月に1回かそれ以上のペースでキャンプに出掛ける方が多いという回答になっています。「年間20回以上」という回答をした猛者キャンパーも、10%以上いるという結果でした。

■宿泊数(平均)に宿泊予算(平均)は?
最後に発表するのは、1回のキャンプでの宿泊日数と予算についてです。

キャンプというと「自然の中でゆっくり、のんびり」というイメージをお持ちの方が多いかもしれないですが、約70%のキャンパーが1泊2日でキャンプを楽しんでいるという回答でした。大型連休などはもちろん、時間の都合がついた土、日曜などにも、積極的にキャンプ場へ出かけられるキャンパーが多いという結果になっています。

ファミリー、デュオ、グループキャンパーの予算(平均)の回答結果は、

  • 1泊2日:15,597円
  • 2泊3日:28,105円
  • 3泊4日:37,700円

となりました。

予算は、キャンプ場施設利用料だけでなく、キャンプ場までの交通費、食材費等を含めた回答です。多くのキャンパーが、午前中に移動や現地の食材などの買い物、観光を楽しみ、午後からキャンプ場でゆっくり焚き火、キャンプ料理を楽しんでいるようです。

なお、最近話題となっているソロキャンプ(大人一人)の予算は、「1泊2日:8,500円」「2泊3日:8,750円」となっていました。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram