【データ】2019年暦年 成田空港運用状況

  • 2020年2月6日

 成田空港は1月30日、2019年暦年 成田空港運用状況を発表した。

= 航空機発着回数、航空旅客数が開港以来最高を記録 =

【航空機発着回数】
国際線・国内線の旅客便を中心に新規乗り入れや新規就航、増便が相次いだことから、前年比4%増の264,115回と、8年連続で開港以来の最高値を更新しました。

▶ 国際線発着回数
旅客便において、韓国線では夏頃まで新規就航や増便あったことに加え、中国線では2019年冬期スケジュールより新規乗り入れや新規就航、増便が相次いだことなどから、国際線発着回数は前年比3%増の209,206回と、5年連続で開港以来の最高値を更新しました。

▶ 国内線発着回数
旅客便において、バニラエアとピーチ・アビエーションの経営統合に伴う運航便数の調整による減便があったものの、高知線(18年12月19日)、下地島線(3月30日)、庄内線(8月1日)の新規就航に加え、中部線や広島線などで増便があったことから、国内線発着回数は前年比5%増の54,909回と、2017年以来2年ぶりに開港以来の最高値を更新しました。

【航空旅客数】
国際線・国内線がともに好調だったことにより、前年比4%増の44,344,739人と、6年連続で開港以来の最高値を更新しました。

▶ 国際線旅客数
日本全体で訪日外客数が暦年として過去最高を記録(3,188万人:前年比2%増*)し、成田空港における外国人旅客数も、日本全体の前年比を上回る前年比5%増の18,224,660人と6年連続で開港以来の最高値を更新し好調なことや、日本人旅客数が4年連続で前年を上回っていることから、前年比4%増の36,701,960人と、2年連続で開港以来の最高値を更新しました。                                               *日本政府観光局(JNTO)発表推計値

▶ 国内線旅客数
バニラエアとピーチ・アビエーションの経営統合に伴う運航便数の調整による減便があったものの、高知線(18年12月19日)、下地島線(3月30日)、庄内線(8月1日)の新規就航に加え、札幌線や広島線などが好調であったことから、国内線旅客数は前年比5%増の7,642,779人と、2017年以来2年ぶりに開港以来の最高値を更新しました。

  • 【2019年12月 空港運用状況】 (以下について12月として過去最高)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram