【データ】2018年 富山県の観光客入込数

  • 2019年10月5日

自然災害の影響等で前年比1.8%減

一番の伸びは海王丸パーク 外国人宿泊客は6%増

 富山県観光・交通振興局観光振興室ととやま観光推進機構はこのほど、平成30年(2018年1~12月)の同県の観光客入込数を発表した。同年の入込総数(延べ数)は、前年比1.8%減の3576万2千人だった。観光庁の共通基準による入込総数(実数推計)は3.8%減の1575万3千人。県では地震、豪雨などの自然災害の影響による旅行需要の落ち込みや、大雪、台風などの天候不順を要因と見る。

 外国人観光客について見ると、県内主要宿泊施設に宿泊した外国人の数は、前年比6.2%増の30万人。増加の要因として県は、訪日観光客外国人旅行者全般が好調に推移したことに加え、官民挙げた継続的な観光プロモーションを実施したことや、北陸新幹線を利用する個人旅行者の増加を挙げる。

 入込数(延べ数)の内訳は、観光施設等への入込数が前年比1.4%減の3065万8千人、イベントの入込数が4.0%減の510万4千人。

 入込数が最も増加したのは、観光地・観光施設が海王丸パークで前年比9.6%増の110万3千人だった。以下、立山黒部アルペンルート(5.6%増、98万1千人)、高岡古城公園(4.2%増、89万6千人)が続いた。

 イベント・祭りでは4.9%増の15万1千人だった高岡御車山祭が最も伸びた。次いで伸びたのは高岡七夕まつりで2.0%増、15万6千人だった。

 一方で入込客数の減少幅が大きかったのは、新湊曳山まつり(45.5%減、6万人)、戸出七夕まつり(23.1%減、10万人)、おわら風の盆(19.2%減、21万人)など。「ゴールデンウイーク後半やお盆、大型イベント開催日が天候不順だった」と同県。

 観光庁が行う宿泊旅行統計調査での同県の延べ宿泊者数は、前年比3.0%減の378万人。このうち、外国人宿泊者数は6.4%増の30万6千人。

拡大はこちらへ


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram