【データ】2017年の旅館・ホテル~観光経済新聞アンケート調査

  • 2018年1月3日

業績「伸びる」わずかに増加 「人材不足」が課題

 旅館・ホテルの業績がやや回復している。観光経済新聞社は、日本旅館協会の会員などに経営状況や課題を聞くアンケート調査を実施した。その結果、2017年の業績が前年よりも「大きく伸びる」または「やや伸びる」という回答の割合は41・8%ととなり、前年の39・0%をわずかに上回った。経営の課題は「人材不足」の声が圧倒的に多く、旅館・ホテル業界の人材難が改めて浮き彫りになった。

http://www.kankokeizai.com/koudoku/180101/17.pdf


関連キーワード

関連する記事

ホテルマネージメントジャパンは、宿泊特化型の新ブランド 「 ホテル オリエンタルエクスプレス 」 を発表 した。 株式会社ホテルマネージメントジャパン(本社 東京都渋谷…

続きを読む

星のや東京は、「コンデナスト・トラベラー(Condé Nast Traveler)」の「Gold List 2018」に選出された。 星野リゾート(所在地:長野県軽井沢町…

続きを読む

伊豆熱川温泉の熱川プリンスホテル(静岡県東伊豆町、嶋田愼一朗社長、52室)は、中央館最上階5階の一部をリニューアルし、ハイグレードな客室5室を備えたプレミアムエリア「Qo…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒