【データ】遊園地・テーマパーク経営企業の実態調査

  • 2019年8月10日

収入高は前年比微増に 近畿好調、天候の影響も

帝国データバンクはこのほど、遊園地・テーマパーク(TP)経営企業の実態調査を行った。調査対象162社の2018年決算における収入高合計は前年比1.6%増と微増だった。

162社のうち、増収が53社、減収が33社、横ばい(増減率が3.0%未満)が76社。

11の地域別では9地域の収入高合計が増加した。伸び率トップは近畿の6.7%増。広告CMや小型イベントを積極的に展開した企業があり、増収に寄与した。

北陸は6.7%減と減少幅が最も大きかった。「北陸新幹線の特需により観光事業が好調である一方で、夏場の猛暑や天候不順、台風が影響した」(同社)。

 

拡大はこちらへ


関連キーワード
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube