【データ】観光客6449万人、宿泊客は6%増 2017年の群馬県

  • 2018年10月17日

 群馬県が1日発表した2017(平成29)年の観光入り込み客は6448万7千人となり、前年に比べ0.5%増えた。7~8月の長雨や10月の台風の影響があったものの、大きな落ち込みにはつながらなかった。

 日帰り客は前年並みの5644万人だったが、宿泊客は同5.9%増の805万人と好調。「宿泊客はここ数年減少傾向だったが、06年度の805万人以来11年ぶりに800万人を超えた」(観光物産課)。県内客は同1.4%減の3606万人、県外客は同3.6%増の2843万人だった。

 16年よりも入り込みが15万人以上増えたのは中之条町や高崎市、みなかみ町など。特に、中之条町は隔年開催の中之条ビエンナーレが開かれたこともあって約52万人も増加した。

 一方、沼田市や富岡市、桐生市などは減少幅が大きく、沼田市は16年に放送されたNKH大河ドラマ「真田丸」の特別イベントや真田丸展の終了が響き、約31万人の減少となった。

 温泉地を見ると、草津温泉(草津町)が湯畑周辺の再整備による人気の高まりで325万人(同5.8%増)の入り込みを記録した。ただ、今年は草津白根山の白根山の噴火や観光ルート「志賀草津道路」(国道292号)の通行止めの影響もあり、減少に転じる可能性もある。

 水上温泉郷(みなかみ町)も203万人(同4.5%増)と好調。積雪増によるスキー客の増加やユネスコエコパーク登録効果が出た。

 観光消費額は微増の1894億円。観光客1人当たりの消費単価は、日帰り客が同4.2%減の1682円、宿泊客は微減の1万1734円となった。

拡大はこちら


関連キーワード

関連する記事

福井県越前町は、越前がにの競り見学や地元でしか味わえないズボガニを味わう「越前がにセリ見学とズボガニ満腹ツアー」を2月23日に催行する。 【催行日】2019年2月23日(…

続きを読む

リクルートライフスタイルが17日発表した「じゃらん 行ってみたい冬の絶景スポットランキング」 は、1位つなん雪まつり、2位十和田湖冬物語、3位木曽路氷雪の灯祭りなどとなっ…

続きを読む

熊本県和水町と江崎グリコ(大阪市)は昨年秋から、「江崎グリコ×金栗四三」企画展を開催している。「日本マラソンの父」と称される金栗四三ゆかりの品を展示し、その偉大な足跡をた…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube