【データ】緊急事態宣言解除直後の宿泊料金調査

  • 2021年10月5日

 アッタは1日、緊急事態宣言解除直後の宿泊料金調査の結果を発表した。

「テクノロジーでもっと旅を楽しむことができる機会を提供する」をミッションに、トラベルテック事業としてビッグデータとAIを使った「お得予報型」旅行検索サービスを展開するスタートアップ、株式会社atta(アッタ、本社:東京都港区、代表取締役社長:春山佳久、https://atta.ai/)は全国的に緊急事態宣言が解除された最初の週末の宿泊料金トレンドを調査しました。
【調査結果サマリー】
◇緊急事態宣言解除直後、最初の週末の全国平均宿泊料金傾向は緊急事態宣言中と比べて、変化がなかった。宿泊需要が高まることで、チェックイン日に近づくにつれて宿泊料金が高騰する傾向は緊急事態宣言解除直後に起きていない。

【調査概要】
■調査内容:緊急事態宣言解除後の平均宿泊料金調査
■調査対象: 2名1室、1泊2日の宿泊料金価格
■対象チェックイン日   :2021年10月2日(土)
■比較対象チェックイン日:2021年9月11日(土)
■データ抽出日:宿泊する各チェックイン日の,30日前から3日前
■対象施設:オンライン予約が可能な全国の16,552宿泊施設

2021年9月11日(土)と10月2日(土)チェックイン1泊2日2名1室の日本全国の平均宿泊料金の推移2021年9月11日(土)と10月2日(土)チェックイン1泊2日2名1室の日本全国の平均宿泊料金の推移

緊急事態宣言中の2021年9月11日(土)チェックインの宿泊料金はチェックイン30日前時点とチェックイン3日前時点の宿泊料金を比較すると9%安くなっていた。緊急事態宣言が解除されてから最初の週末である2021年10月2日(土)チェックインの宿泊料金はチェックイン30日前時点とチェックイン3日前時点の宿泊料金を比較すると、同様に9%安くなっていた。緊急事態宣言が解除されることで、宿泊需要が高まるため宿泊料金が高騰することを予測していたが、そのような状況にはなっていなかった。

チェックイン30日前時点と3日前時点の各都道府県の2021年10月2日(土)と9月11日(土)チェックインの平均宿泊料金比較チェックイン30日前時点と3日前時点の各都道府県の2021年10月2日(土)と9月11日(土)チェックインの平均宿泊料金比較

宿泊需要が高まることで、チェックイン日に近づくにつれて宿泊料金が高騰する傾向は緊急事態宣言解除直後に起きていないことが今回の調査からわかりました。今後も継続的に緊急事態宣言解除後の宿泊料金トレンドを調査してまいります。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら