【データ】緊急事態宣言解除後の旅行意欲についての調査

  • 2021年11月26日

 ナイルは16日、緊急事態宣言解除後の旅行意欲についての調査の結果を発表した。

インスタグラムで4.6万人以上のフォロワーを持つ旅行系アカウント「どこいこ⁉ おトクなオトナ旅」を運営するナイル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高橋 飛翔)は、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の解除に伴い、旅行に関する調査を実施しましたので、結果をお知らせいたします。

【調査結果概要】

  • 宣言解除後「旅行をしたい」との回答が88%
  • コロナ感染予防対策として「マスク」「消毒・除菌」「混雑を避けた移動」など

【調査背景】
新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が9月30日に解除されました。宣言中は他県への移動の制限もあり、旅行を控えていた方々も多くいらっしゃいます。
インスタグラムアカウント「どこいこ⁉ おトクなオトナ旅」は、フォロワー4.6万人を対象に「緊急事態宣言解除の旅行についての意識調査」を行いました。

【調査概要】
調査対象: インスタグラムアカウント「どこいこ⁉ おトクなオトナ旅」フォロワー1,000人
調査期間:2021年10月20日~10月22日
調査内容:
①旅行に関する意識調査
Q1.宣言が解除されましたが、旅行したいですか?/Q2.いつ頃いきたいですか?/Q3.どこに旅行したいですか?/Q4.宣言中は旅行に行くのを我慢していましたか?/Q5.旅行時、コロナは気になりますか?
②投稿保存件数

【調査結果詳細】
①    旅行に関する意識調査

Q1. 緊急事態宣言が解除されましたが、旅行をしたいですか?

  • YES:88%
  • NO: 12%

フォロワー1,000人に質問したところ88%の方が「旅行をしたい」と回答しました。 宣言解除とともに、外出や旅行の気運が高まっています。一方で12%の方は依然として旅行に対しては消極的であるという回答を得ました。

Q2. いつ頃行きたいですか?

  • この冬:68%
  • この冬以降:32%

Q3. どこに行きたいですか?

 

  • 県内:10%
  • 県外:60%
  • 海外:30%

Q4. 緊急事態宣言期間中は、旅行に行くのを我慢していましたか?

  • YES:65%
  • NO: 35%

Q5. 旅行時、コロナは気になりますか?

  • YES:61%
  • NO: 39%

旅行においてコロナは気になるかという質問には、YESとの回答は61%でした。一方で約4割の方がNOなど「ニューノーマル」としての意識が浸透してきていると言えそうです。

今回の調査を通して、緊急事態宣言解除とともに「宣言中は我慢をしていた旅行をしたい」と考えている人が多いとわかりました。

② 投稿保存数ランキングTOP3
ここからは、フォロワー数4.6万人以上の旅行系アカウントにて2021年中で注目された投稿は何だったのか、トップ3をご紹介いたします。(※投稿の保存が多かったものを注目されたとしております)

1位は「体験型スポット」(75,258件)でした。

近年の消費動向は体験型消費と言われていますが、旅行においてもその傾向が如実に表れています。(@trip_20s)

保存件数2位は「関東グランピング7選」(23,222件)。密を避けたレジャーとしてコロナ禍でブームとなっているキャンプに関しての投稿でした。(@nacha_tabi)

3位は「鎌倉映えスポット7選」(21,397件)。都心から近い観光地の鎌倉の情報も人気です。(@maa_familytrip)

他にも「ジブリなスポット」「ディズニーまで歩いて行けるホテル」など、世界観を楽しむものがランクインしていました。

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら