【データ】旅館・ホテルアンケート調査 観光経済新聞調べ

  • 2022年1月4日

経営の課題 1位「人材不足」2位「売上向上」3位「老朽化・リニューアル」

 観光経済新聞社は、日本旅館協会会員などの旅館・ホテルに経営状況などを聞くアンケート調査を実施した。経営の課題について多肢選択法で聞いたところ、最も多かったのは「人材不足」で、回答者の60.9%が挙げた(複数回答)。2位が「売り上げ向上」(45.9%)、3位が「施設の老朽化・リニューアル」(41.4%)という結果となった。

 人材不足に加えて、4位には「人材育成」(35.3%)が入っており、人材の問題が旅館・ホテルの大きな課題となっている。経営の課題についての質問は前回までのアンケート調査では自由記述式で行っていたため、数値での比較はできないが、人材問題はコロナ禍前から常にトップ。特に人材不足は旅館・ホテルにとって恒常的な課題だ。

 課題に対する取り組みや解決策について自由記述式で回答を求めたところ、「高卒者の積極的な採用」や「外国人社員の採用を増やす」「OJTの活性化」などの回答があった。

 コロナ禍で旅行の動きが鈍ったなかで、売り上げの向上が課題の上位に挙がったのは当然の帰結。同様の課題として6位に「集客」(23.3%)が挙がった。

 売り上げ向上や集客の取り組みとしては「新しい宿泊プランの造成」「料理内容の見直し」などさまざまな回答があった。また、再開予定のGo Toトラベル事業について「大きな鍵となる」と期待する人もいる。「オンリーワン旅館を強くする以外、生きる道はないと思い努力している」という声もあった。

ペイウォール会員向け記事です。


関連キーワード
 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram