【データ】旅館のネット予約状況調査

  • 2020年4月12日

 コンサルタントのリョケン(本社・静岡県熱海市)はこのほど、全国の旅館を対象にネット予約、検索対策などの状況調査を行った。直近1年間の宿泊予約経路は「ネットエージェント」(OTA)の比率が35.8%と、「直接予約」や「大手旅行社」を抑えてトップになった。自社ホームページ(HP)で集客を増やすための取り組みで効果が大きいものは「モバイルに対応したHP」に多くが回答した。

   ◇   ◇

 直近1年間の宿泊予約経路の構成比率(年間宿泊客数=100%)は、OTAが前回の2017年調査(29.2%)に続いてトップになった。OTAは13年に17.3%、15年に20.7%と、増加の一途をたどっている。

 2位は宿への直接予約の20.3%。3位は大手旅行社の20.2%だった。4位以下は、自社HPの12.6%、中小旅行社の11.1%。

 宿への直接予約は右肩下がりの傾向。13年調査で33.8%、15年調査で29.3%と最も多かったが、17年に23.0%と、OTAの数字を下回った。

 大手旅行社は13年に21.2%、15年に24.1%と、直接予約に続く2位につけていたが、17年に22.2%と、OTAに逆転された。

 このほか自社HPは横ばい傾向、中小旅行社は減少傾向となっている。

 旅館の規模別で見ると、大規模(100室以上)は大手旅行社が26.7%と最も多く、次にOTAの25.0%。中規模(31~99室)はOTAが32.8%、大手旅行社が22.5%と、順位が逆転する。小規模(30室以下)はOTAが45.0%、大手旅行社が14.1%と、その差が大きく広がる。

 自社HPでの予約は、大規模が11.2%、中規模が9.2%、小規模が17.0%。小規模旅館での割合が高くなっている。

   ◇   ◇

 集客を高めるために自社HPで実施している対策は(複数回答)、「HPの内容更新」が75.0%と最も多く、以下「掲載プラン」(70.5%)、「SNSによる情報発信」(68.2%)、「モバイルに対応したHP」(61.4%)が続く。「比較的容易にできる対策を行って集客に結び付けている」(リョケン)。

 対策のうち、「重点度が高いもの」「効果が大きいもの」は、ともに「モバイル―」が1位で、それぞれ73.1%、72.0%が回答した。「スマートフォンやタブレットがコミュニケーションの主要な手段と認識されている」(同)。


関連キーワード
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram