【データ】新入社員の会社生活調査

  • 2020年7月24日

 産業能率大学は14日、新入社員の会社生活調査の結果を発表した。

学校法人産業能率大学 総合研究所(東京都世田谷区)は、新入社員の働く意欲や新社会人としての意識、将来の目標などに関するアンケートを実施し「2020年度 新入社員の会社生活調査」としてまとめました。以下に調査結果のポイントを記載します。その他、「副業」に対する考え方や雇用制度への意識など、定番となっている質問も実施しています。詳細につきましては、報告書をご参照ください。

ここ数年、売り手市場となっていた新卒採用環境ですが、今年度は大きく変化しました。今年度の新入社員に就職活動状況について尋ねたところ、「かなり大変だった」という答えが35.4%となり、2011年度と並んで過去最高となりました。

一方、就職活動の結果に満足しているかについては、「たいへん満足」が27.8%で過去最低となりました。2つの調査項目から、今年の就職状況が厳しかった様子がうかがえます。

新型コロナウイルスの感染予防対策として注目を集めたテレワークや時差通勤については、新入社員も高い関心を寄せています。会社にテレワークや時差出勤の制度があった場合に利用したいかを尋ねたところ、テレワークについては、「利用したい」と「どちらかといえば利用したい」を合わせて約85%が利用したいと回答しました。さらに時差出勤についても、両回答を合わせて約94%が利用したいと回答し、どちらも過去最高となりました。

また、1か月間に許容できる残業時間を尋ねたところ、「1~10時間」が19.2%、「11~20時間」が32.1%となり、いずれも過去最高となりました。この結果、「0時間」(1.3%)を含めて、“20時間まで”とする回答が約53%となり、初めて過半数を占めました。

残業時間が減ることで自由な時間が増えますが、業務時間外に勉強したいか尋ねたところ、約91%の新入社員が勉強したいと答えました。この内、「全額自己負担でも勉強したい」は20.5%で前年度(13.6%)よりも大幅に増えています。また、「会社から費用の一部援助があるなら勉強したい」も38.5%で前年度(32.7%)を上回り、自分を磨くためには費用の自己負担を厭わないとの意識が高くなっています。なお、勉強したい理由には、「ビジネススキルを磨きたい」(53.6%)や「教養を高めたい」(52.2%)などが上位に来ています。

このような新入社員にとって、会社生活におけるコミュニケーションで自信のない(不安がある)ことは何かを尋ねると、「社外に対する電話対応」が82.1%、同じく「社外との対話・面談」が64.1%で、社外との折衝に不安を大きく感じていました。そうしたことから顧客への報告や連絡手段として最も使いやすいのは、「メール」との回答が一番多く、47.4%と半数近くを占めています。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram