【データ】和歌山県、2016年の外国人宿泊者数が過去最高

  • 2017年4月28日

 和歌山県はこのほど、2016年の外国人宿泊者数が前年比17%増の50万191人泊となり、15年の過去最高記録(42万7594人)をさらに更新したと発表した。初の50万人超え。訪日気運の盛り上がりもあり、今後も同県を訪れる外国人旅行者が増えそうだ。

 県観光交流課は増加要因として、これまでの継続的なプロモーションに加え、LCC(格安航空会社)航空路線の拡大やビザの緩和などを挙げている。

 市場別では、約7割のシェアを占める東アジア市場のうち、香港、台湾が個人旅行化の流れのなかで減速したものの、中国、韓国は引き続き好調な伸びを示し、特に韓国は前年比58・1%増と大きく増えた。

 宿泊者が多い市町村は和歌山市で、15万6498人泊だった。次いで、白浜町の10万1521人泊、高野町の7万6645人泊、那智勝浦町の5万3568人泊、みなべ町の5万851人泊など。


関連キーワード

関連する記事

エクスペディアは、ビッグデータによる訪日米国人旅行者予約の最新動向の分析結果を発表した。 訪日米国人旅行者の需要は 50% 増加 エクスペディアが展開するTraveloc…

続きを読む

Gear8は、ローカルな旅の魅力を発信するメディアinto the localを公開した。 訪日外国人向けの北海道旅行情報に特化した「Trippino HOKKAIDO」…

続きを読む

マリオなどのキャラクターグッズを扱う「ANIME SQUARE TOKYO」が、成田空港第2ターミナルに期間限定オープンした。 2018年8月8日(水)、成田空港第2ター…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

温泉エッセイスト 山崎まゆみさんが来社!