【データ】主要旅行12社月別営業実績~1月

  • 2018年4月17日

総取扱額2.8%の増加 国内旅行は0.1%減

 
 鉄道旅客協会が3月23日に発表した主要旅行業12社の今年2月の旅行取扱額は、前年同月比2・8%増の2459億2759万円だった。内訳は、国内旅行が0・1%減の1414億5989万円、海外旅行が7・2%増の916億9939万円、外国人旅行が6・2%増の112億6929万円、その他が4・9%増の14億9902万円。

 総取扱額が前年を上回ったのは、JTB、日本旅行、KNT―CTホールディングス、名鉄観光サービス、日通旅行、阪急交通社の6社。分野別で見ると、国内旅行はJTB、日本旅行、名鉄観光サービス、日通旅行、阪急交通社の5社が前年比増だった。

 今年4月からの累計を見ると、12社の総取扱額は前年同期比1・8%増の3兆1778億9397万円だった。各社の状況を見ると京王観光、農協観光、読売旅行を除く9社が前年同期を上回った。

 内訳は、国内旅行が0・6%減の1兆9677億7311万円、海外旅行が5・8%増の1兆426億8327万円、外国人旅行が6・3%増の1471億1450万円、その他が2・0%増の203億2310万円。国内旅行が4社、海外旅行が12社、外国人旅行が10社で前年実績を上回っている。


関連キーワード

関連する記事

テンツキ旅行は、「ツーリズムEXPOジャパン2018」に添乗員同行ツアーの魅力を伝えるブースを出展する。 旅行業界に特化したクリエイティブ事業をおこなう株式会社バドインタ…

続きを読む

阪急交通社は、観光列車ベスト10を発表した。 阪急交通社が、旅行サイト(https://www.hankyu-travel.com/)でのサイト内検索における、観光列車名…

続きを読む

JTBは、国内旅行活性化キャンペーン「日本の旬」を2018年度下期(10月1日~来年3月31日)の展開として「北関東」を対象エリアに実施する。キャッチフレーズを「五色豊穣…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

温泉エッセイスト 山崎まゆみさんが来社!