【データ】主要旅行11社月別営業実績 2020年4月分

  • 2020年6月28日

総取扱額は9割減 マイナスの事業者も

 鉄道旅客協会が5月29日に発表した主要旅行業11社の4月の旅行取扱額は、前年比95.8%減の121億8881万円だった。内訳は、国内旅行が93.9%減の103億9020万円、海外旅行が99.5%減の4億8229万円、外国人旅行が98.4%減の3億5200万円となっている。

 新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛や、諸外国からの入国制限の影響により、総取扱額は全社で前年実績を大きく下回った。名鉄観光サービスを除く10社が前年の1割に満たない取扱額だった。

 このうち阪急交通社は取扱額がマイナスとなった。マイナス実績の主因は「3月に申し込み、および発売実績を計上した4月分の取り扱いが、4月に入って催行中止、取消などにより相殺されたため」と鉄道旅客協会。

 内訳を見ると、国内旅行は全社が前年割れした。名鉄観光サービス、日通旅行を除く8社が前年比9割以上の減少。阪急交通社は取扱額がマイナスとなった。

 海外旅行は全社で前年比減。日本旅行、阪急交通社は取り扱い額がマイナスとなった。

 外国人旅行は取り扱い10社中全社で前年実績を下回った。このうちKNT―CTホールディングスと東武トップツアーズはマイナスの取扱額となった。

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram