【データ】世界6ヵ国の旅行者の2021年旅行動向調査 トリップアドバイザー調べ

  • 2021年3月9日

 トリップアドバイザーは2日、世界6ヵ国の旅行者の2021年旅行動向調査の結果を発表した。

世界最大の旅行プラットフォーム「Tripadvisor®」(トリップアドバイザー、本社:マサチューセッツ州ニーダム、NASDAQ:TRIP、CEO:ステファン・カウファー、日本語版サイト:www.tripadvisor.jp ) は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に関して世界6ヵ国(アメリカ、イギリス、オーストラリア、イタリア、日本、シンガポール)の旅行者を対象に定期的に行っているアンケート調査の最新結果[1]及びサイトの利用状況データ[2]を発表しました。

 

全体的な傾向として2020年に旅行を控えた反動からか、世界の旅行者はラグジュアリーなホテルや観光地を次の旅行先として計画しているという結果が見受けられました。一方で、日本人旅行者は国内でのドライブ旅行を2021年の旅行として検討しているようです。

 

日本人の2021年の旅行への意識は?

2021年の旅行に対し、1泊以上の国内旅行を計画していると回答した日本人旅行者は60%となり、1泊以上の近場の旅行を計画していると回答した割合(56%)をやや上回る結果となりました。1泊以上の海外旅行に関しては世界平均で47%が計画をしていると答えたのに比べ、日本人旅行者は18%にとどまる慎重な姿勢がうかがえました。クルーズ、 ビーチ、アウトドア、ドライブ旅行、近場の旅行、週末旅行の中から2021年はどの旅行タイプを選ぶ可能性が高いかという質問では、近場の旅行に対し「可能性はきわめて高い」、「可能性は高い」という回答が73%、ドライブ旅行が68%、週末旅行が62%、アウトドアが40%、ビーチとクルーズがそれぞれ21%と8%となり、2021年も外部との接触をなるべく避けることができる車での移動を想定している人が多く見受けられました。

  • 2021年の国内旅行を計画する際の移動距離については、車で35時間(42%、近場の旅行であれば車で2時間以内(61%、海外旅行であれば飛行機で5時間以上(22%という回答がそれぞれ一番多い結果に
  • 人気の旅行地における安全対策として義務化を支持する項目としては、宿泊施設、観光地、レストランによる消毒対策の公表(20%到着の際、空港での迅速検査(17%が上位となり、ほかにも旅行前のワクチン接種の義務化(15%旅行先での非接触型メニューおよび支払いオプション(14%)などが2021年に安全な旅行を実現するための対策として選ばれた

 

世界ではラグジュアリー志向が高まっている?次の旅行の安全対策は?

COVID-19の経済的な影響があるなかでも、世界の旅行者はトリップアドバイザーで2021年最初の3週間の期間中、過去2年の同期間に比べて価格の高い旅行について調べていたという結果がでています。2021年の旅行1回あたりにかける可能性があるコストにおいて、世界平均は過去2年に比べ13%上昇しており、特にイギリスとシンガポールでは2019年に比べそれぞれ64%と45%上昇しました。

 

すでに2021年の予約を済ませた宿泊施設の種類においても「ラグジュアリーホテル」と回答した割合において世界平均が14%、特にアメリカとシンガポールでは18% と19%がすでにラグジュアリーホテルの予約を済ませたと回答しており、日本の12%を上回る結果となりました。旅行先においても2021年最初の2週間のサイト検索状況データによると、前年の同時期に比べてドバイやモルディヴなどの高級リゾートでのホテル検索数が増えており、今年1月に発表された「2021 トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベスト 観光地」において「人気観光地」1位にバリ島、「注目の観光地」1位にメキシコのカボ サン ルーカス、「今後注目の観光地」1位にカリブ諸島のマルティニークがランクインしていることからも、優雅な時間を過ごせるリゾート地への関心がさらに高まっていることが伺えます。

 

また、次回の旅行を考えた際に、出発前に行うこととして重要だと思う項目については、以下のような結果となりました。

  • 日本では安全のため、マスク、除菌剤、使い捨て手袋、再利用可能な製品を余分に入手しておく(世界平均15%、日本20%という回答が一番多く、その次に多かった旅行先、宿泊施設、観光地、レストランについてのレビューをオンラインで閲覧または確認する(世界平均13%、日本15%とともに他の国と比べて最も割合が高い結果となった
  • 世界平均では旅行先で実施されている現在のガイドライン、手順、COVID-19関連の制限事項を確認する(16%が最重要項目に

[1] 旅行者の意識調査:2020 年 12 月 28 日から 2021 年 1 月 10 日の期間、アメリカ、イギリス、イタリア、オーストラリア、日本、シンガポールにて 計 2,330 名を対象に実施

[2] 2021年1月4日から28日の期間、トリップアドバイザー上でのデータより算出

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram