【データ】上場企業の課長のテレワーク利用状況調査 産業能率大学総合研究所調べ

  • 2022年1月5日

 産業能率大学総合研究所は12月21日、上場企業の課長のテレワーク利用状況調査の結果を発表した。

学校法人産業能率大学総合研究所(東京都世田谷区)は、従業員数100人以上の上場企業に勤務し部下を1人以上持つ課長を対象に、職場の状況や課長自身の意識などに関するアンケートを実施しました。その中でテレワークの利用状況に関する項目を切り出し、「上場企業の課長のテレワーク利用状況調査」としてまとめました。

 

調査は2021年9月14日から16日までの3日間、調査会社を通じてインターネットリサーチで実施し、828人(男性799人、女性29人)から回答を得ました。

 

調査からは、以下が明らかになりました。

 

▼80%の職場でテレワーク制度が導入済み

▼85%の課長がテレワーク制度を利用

▼テレワーク制度が導入されて変化したことのトップは「部下の労務管理が難しくなった」

▼テレワーク環境で課長に求められるスキルのトップは「部下の状況を把握して支援」

▼テレワークの理想の利用頻度は「週に2~3回」

 

すっかり定着した感のあるテレワーク制度ですが、「コロナ禍をきっかけに導入された」という回答が約半数であり、その活用については手探り状態の企業も少なくありません。テレワーク制度が導入されて変化したこととして「職場の生産性が向上した」という回答は僅か7.4%にとどまっており、成果を上げるには課題が多い状況となっています。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram