【データ】ニューノーマル時代の「移動」に関する意識調査

  • 2021年12月19日

 KINTOは7日、ニューノーマル時代の「移動」に関する意識調査の結果を発表した。

クルマのサブスクリプションサービスを展開する、株式会社KINTO(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社⻑:小寺 信也)は、全国の20~69歳の男女525名に対して、「ニューノーマル時代の『移動』に関する意識調査」を実施いたしました。緊急事態宣言等が10月より全て解除され、新型コロナウイルスの流行が抑えられている現在、今年の年末年始の過ごし方をトピックとして調査いたしました。主な調査結果は、以下の通りです。
■サマリー

■「ニューノーマル時代の『移動』に関する意識調査」概要
・調査方法:インターネット調査
・調査期間:2021年11月16日〜11月17日
・有効回答:全国の20~69歳の男女525名

  • 年末年始の予定、「国内旅行」が13.7%、「帰省」が12.8%

Q1.「今年の年末年始で、旅行や帰省を検討していますか。」と質問したところ、「家でゆっくり過ごす」が60.0%、「国内旅行」が13.7%、「帰省」が12.8%という回答となりました。現在は国内で流行が抑えられている新型コロナですが、第6波への警戒から、今年の年末年始も「家でゆっくり過ごす」と考えている人が多い傾向だと言えます。

・家でゆっくり過ごす:60.0%
・国内旅行:13.7%
・帰省:12.8%

・海外旅行:0.6%
・まだ予定を決めていない:22.7%

  • 約9割が、「コロナ禍における外出自粛/移動制限が、旅行したい欲求につながっている」と回答

Q2.「コロナ禍での外出自粛/移動制限の影響が、旅行したいという欲求につながっていると思いますか。」と質問したところ、「非常に思う」が38.7%、「やや思う」が50.7%という回答となりました。

・非常に思う:38.7%
・やや思う:50.7%

・あまり思わない:9.3%
・全く思わない:1.3%

  • 約半数が、緊急事態宣言解除で「外出意欲が高まった」と回答

Q3.「緊急事態宣言前と比較し外出・お出かけへの意欲はどうなりましたか。」と質問したところ、「非常に高まった」が12.2%、「やや高まった」が37.0%という回答となりました。

・非常に高まった:12.2%
・やや高まった:37.0%

・あまり高まっていない:33.8%
・全く高まっていない:17.0%

  • 外出意欲の高まりとともに、約8割が「消費・購入意欲の高まり」も実感

Q4.「外出意欲が高まることで、消費・購入意欲はどうなりましたか。」と質問したところ、「非常に高まった」が14.7%、「やや高まった」が60.9%という回答となりました。

・非常に高まった:14.7%
・やや高まった:60.9%

・あまり高まっていない:23.6%
・全く高まっていない:0.8%

  • 消費・購入意欲が高まっているもの、「旅行」が81.0%で最多

Q5.「特に消費・購入意欲が高まっているものを教えてください。」と質問したところ、「旅行」が81.0%、「飲食(外食)」が76.9%、「服飾」が16.4%という回答となりました。

・旅行:81.0%
・飲食(外食):76.9%
・服飾:16.4%

・アクティビティ:14.4 %
・自家用車:10.3%
・美容:10.3%
・PC・スマートフォン:9.7%
・生活家電:9.2%
・電動自動車・ロードバイク・オートバイ:2.6%
・腕時計:2.6%
・ジュエリー・アクセサリー:1.5%
・その他:0.5%

  • コロナ禍で利用したい移動手段、昨年に引き続き「自家用車」が約8割で最多

Q6.「コロナ禍の今、次にあげる移動手段をあなたは利用したいと思いますか。」と質問したところ、「自家用車」が79.0%、「電車」が47.8%、「新幹線」が42.1%という回答となりました。昨年と比較しても、移動手段として「自家用車」を選択する人は依然として多い結果となりました。また、コロナ禍の落ち着きを反映しているのか、電車は12.5ポイント増、新幹線は21.1ポイント増となりました。

<コロナ禍の今、「利用したい」移動手段>
・自家用車:79.0%
・電車:47.8%
・新幹線:42.1%

・飛行機(国内線):34.6%
・バス:33.3%
・レンタカー:21.9%
・飛行機(国際線):20.8%
・カーシェアリング:9.1%
・カーリース:8.0%
・車のサブスクリプションサービス:7.8%

  • コロナ禍で検討したい自動車の利用方法、「レンタカー」が昨対比8.5ポイント増加

Q7.「コロナ禍において、あなたが今後自動車を利用する際、次にあげる利用方法を検討したいと思いますか。」と質問したところ、「自家用車」が77.5%、「レンタカー」が23.2%、「タクシー・配車サービス」が21.1%という回答となりました。昨年と比較すると、「レンタカー」に8.5ポイントの増加が見られました。外出・お出かけ意欲の高まりによって、旅行先などでのレンタカー需要が増えていると推察されます。

<コロナ禍で、「検討したい」自動車の利用方法>
・自家用車:77.5%
・レンタカー:23.2%
・タクシー・配車サービス:21.1%

・送迎自動車:12.8%
・カーシェア:10.5%
・自動車のライドシェア:6.5%


関連キーワード
 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram