【データ】コロナ禍の卒業旅行に関するアンケート調査

  • 2021年2月26日

 旅工房は17日、「コロナ禍の卒業旅行に関するアンケート調査」の結果を発表した。

オーダーメイドの旅を提供するトラベル・コンシェルジュ・カンパニー、株式会社旅工房(東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:高山 泰仁、以下「旅工房」)は、全国の学生470人に「コロナ禍の卒業旅行に関するアンケート」をWEBアンケート方式で実施しました。
コロナ禍での卒業旅行に関する意識や実態を反映したアンケート調査となっております。報道の一資料として、ぜひご活用ください。
また、アンケート結果とともに、コロナ禍でも卒業旅行としてご活用いただける安心・安全なツアーもご紹介いたします。
■調査結果トピックス
コロナ禍でも卒業旅行に行くという学生はわずか1割。9割以上の学生が行かない・迷っていると回答。行かない理由の過半数は“感染が心配だから”。
卒業旅行に対して新型コロナウイルスが大きく影響していることが伺えました。
「コロナ禍であっても卒業旅行に行きますか?」と質問したところ、「行かない」が57.0%、「迷っている」が33.6%、「予定通りに行く」が9.4%。卒業旅行に行くという学生はわずか1割、9割以上の学生が行かない・迷っていると回答しました(「グラフ(1)」ご参照)。
行かない理由は「コロナへの感染が心配」が50.7%と、過半数を占めています。

コロナがなければ卒業旅行に行くという学生が約5割。
また、6割以上の学生がコロナ終息後に行くと回答しました。
コロナ禍で“卒業旅行をあきらめた”というマインドや、“卒業旅行に行きたい”というニーズの高さが伺えました。
「コロナ禍でなければ卒業旅行に行っていましたか?」という質問には、「行っていない」が51.7%、「行っていた」が48.3%と、「行っていた」が約5割を占める結果に。新型コロナウイルスの影響で卒業旅行を“あきらめた”というマインドが伺えます。
また、「コロナ終息後に改めて卒業旅行をリベンジしたいと思いますか?」という質問には、「したい」が64.7%、「しなくてもよい」が35.3%。6割以上の学生が終息後に行くと回答、卒業旅行へのニーズの高さが伺えました。

卒業旅行の代わりは数人での食事会やお泊り会。オンラインを活用する学生も!
「卒業旅行の代わりに参加したこと」を質問したところ、「少人数での食事会」が58.9.%。「オンライン飲み会」が17.6%、「お泊り会」が16.7%。
「オンライン飲み会」「オンラインツアーに参加」で24.2%と、オンラインを活用する傾向も伺えました(「グラフ(2)」ご参照)。

【調査概要】
・調査名  :コロナ禍の卒業旅行に関するアンケート ・調査方法 :WEBアンケート方式で実施
・調査対象 :全国10~20代の学生(男女) ・有効回答数:470名
・調査実施日:2021年2月6日(土)~10日(水)の5日間 ・実施:株式会社旅工房

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram