【データ】コロナ後のホテル・レストランにおける消費者アンケート調査

  • 2020年7月5日

 シタテル は6月24日、「コロナ後のホテル・レストランにおける消費者アンケート調査」の結果を発表した。

 人・しくみ・テクノロジーで衣服の価値を変えるシタテル株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役:河野秀和、以下シタテル)は、観光産業における消費者のニーズに関するアンケートを実施しました。
新型コロナウイルスによる影響は、世界を大きく変えており、その中でも観光産業は、大きな打撃を受けています。緊急事態宣言が明けた現在、消費者のニーズはどのように変化しているのか、シタテルでは独自のアンケートを実施しました。

 

アンケート調査によると、消費者の旅行意欲は、過半数を超える67%の人が、旅行や観光に「行きたい」と考えていることがわかりました。またその旅先として約83%の人が「国内」と回答しています。

アンケート結果の通り国内需要への集中が予想される中で、今後必要になるのは「コロナ対策」に加えて、競合とどう差別化して「消費者に選ばれるか」だと言えます。

また、観光産業における「ホテル・レストラン」を対象としたアンケート調査も追加で実施したところ、消費者が「ホテルやレストランを選ぶ時に参考にする情報」として、以下の結果となりました。

・比較・レビューサイト:約38%
・メディア情報    :約26%
・リアルな知人の口コミ:約18%

この結果をもとに、ソーシャルメディアマーケティングの第一人者である、株式会社ホットリンク 執行役員CMO飯髙悠太氏に「これからの時代に必要なホテル・レストランにおけるマーケティング戦略」について話を伺いました。

■インタビュー

【概要 / 一部抜粋】
・「1億総メディア時代」に消費者に届く情報とは
・消費者が作るコンテンツ「UGC」
・ホテル・レストラン業界におけるUGCの生み出し方

※UGCとは「User Generated Contents」の略で、一般ユーザーによって作られてコンテンツのこと(具体的には、個人のSNSの投稿や写真、ブログなど)

マーケティング戦略における資料ダウンロードが可能です。
https://share.hsforms.com/1dz0EhntKTyyqFeyKEvqloA2ywjd

■株式会社ホットリンク 執行役員 CMO 飯髙 悠太

広告代理店やスタートアップ企業で複数のWebサービス・メディアの立ち上げ、50社以上のコンサルティングを経験。2014年4月、「ferret」の立ち上げに伴い株式会社ベーシックに入社後、「ferret」創刊編集長、執行役員を務め、2018年12月末に退職。2019年より株式会社ホットリンクで執行役員CMO(マーケティング責任者)を務め、支援企業のSNSコンサルティングを実施。

[著書]僕らはSNSでモノを買う -SNSマーケティングの「新法則」-


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram