【データ】ウェブへの送客力、SNSが強く マクロミル「クロスメディアやウェブサイトの送客に関する調査」

  • 2018年5月15日

従来型メディアでは「雑誌・新聞」契機多く

 インターネットリサーチ事業を展開するマクロミルはこのほど、「クロスメディアやウェブサイトの送客に関する調査」の調査結果を発表した。これによると、「未訪問のウェブサイトにアクセスするきっかけとなった」と回答した人が最も多かったメディアは、「ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのSNSの投稿」だった。

 調査は同社運営の市場調査メディア「ホノテ」と翔泳社運営のマーケター向け専門メディア「マーケジン」が共同で行ったもの。昨年12月25、26日にインターネットリサーチ形式で実施。マクロミルモニタ会員である全国の15~59歳の男女千人の回答を得た。

 未訪問のウェブサイトを訪れるきっかけとなった割合が最も高かった「SNS投稿」は、同メディアを普段からよく目にしていると回答した人の71・0%が、「(ウェブサイトへのアクセスが)よくある」「たまにある」と答えた。次いできっかけとなったと答えた人が多かったメディアは、「SNSに掲載される広告」(67・6%)、「グーグルなど、検索の結果によって表示される広告」(65・8%)だった。

 インターネット上のメディアが上位を占める中、その他の従来型メディアできっかけとなったと回答した人が多かったのは、「雑誌・新聞記事」(55・7%)、「テレビ番組」(54・5%)、「雑誌・新聞広告」(54・0%)だった。

 ウェブサイトに新規にアクセスする方法については、パソコン利用、スマートフォン利用のいずれにおいても「自分が思いついた言葉で検索」が最も多く、7割を超えた。一方で「『●●で検索!』など、掲載キーワード検索」はどちらも25%に満たなかった。「続きはウェブで」というテレビなどの演出をきっかけにウェブサイトにアクセスした人は23・1%。「続きを見たことがなく、これからも見ない」と答えた人は51・2%と半数を超えた。

 新製品の購入のきっかけとなったメディアについては、耐久消費財、非耐久消費財いずれについても、1位が「テレビCM」、2位が「テレビ番組」だった。3位は耐久消費財の場合が「グーグルなど、検索の結果によって表示される広告」、非耐久消費財の場合が「店内や商品に掲示されている広告、ポップ」だった。

https://www.kankokeizai.com/image/2018pdf/20180512_06.pdf


関連キーワード

関連する記事

アウトドアエンターテイメント施設の「PICA WILD BASE fujisan」は、ミニスノーモービル・スノーラフティングの営業を開始した。 静岡県裾野市にあるアウトド…

続きを読む

東名高速道路・海老名SA(上り)では、「北陸物産展」を開催している。 【開催期間】2019年1月18日(金)~2019年3月17日(日) 【開催場所】東名高速道路海老名…

続きを読む

プリンススノーリゾートでは、子どもや訪日外国人旅行者などがスキー・スノーボード以外で楽しめる「コト消費」を提案している。 株式会社プリンスホテル(本社:東京都豊島区3‐1…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube