【データ】お風呂と睡眠についての実態調査

  • 2022年1月12日

 バスリエは6日、お風呂と睡眠についての実態調査の結果を発表した。

お風呂に関わる企画・開発・販売などを行うバスリエ株式会社(千葉県我孫子市、代表取締役:松永 武「以下、バスリエ」)が行った睡眠に関する調査の分析結果をお知らせします。

1月6日はまくらの日!

毎日を健康的に過ごすためには”その日の疲れはその日のうちにとる”ことが大切。
その疲れを取るには”睡眠”はとても重要なもの。
しかし仕事に家事にと何かと忙しい現代。快眠を得るということがなかなか容易ではないかたもたくさんいらっしゃいます。 そんな睡眠の質を手軽に改善してくれるのが”お風呂に入る”こと。
よくお風呂に入ると眠くなる、という人がいらっしゃいますが、実はお風呂と睡眠は非常に深く関わっているものなのです。

バスリエでは、そんなお風呂と睡眠についての実態調査を行いました。

  • よく眠れる人は毎日お風呂に入っている!

<調査結果ハイライト>
1.お風呂に毎日浸かる人は良く眠れている!
2.お風呂に入ることで入眠も自然に!
3.毎日の入浴で質の良い眠りもかなえられる!
4.おまけ:より快眠をめざすためには!

1.お風呂に毎日浸かる人は良く眠れている!
Q:毎日よく眠れていますか?

 

お風呂に毎日浸かる人と全く浸かっていない人を比較すると、毎日浸かっている人は良く眠れている・それなりに眠れているが73.59%に対して、全く浸からない人は62.76%と、10%以上の開きがでました。

2.お風呂に入ることで入眠も自然に!
Q:すぐに眠れますか?

 

すぐに眠れるか、という質問に対して毎日浸かる人は、67.81%の人が眠れると回答、浸からない人は55.48%と、これも10%以上の差がでました。 実際に、お風呂に入って1~1.5時間後に布団に入ることで、入浴によって上げられた深部体温が徐々に下がっていき、その過程で自然に入眠することができます。

3.毎日の入浴で質の良い眠りもかなえられる!
Q:朝起きるのがつらいですか?

 

朝つらいかという質問では、毎日浸かる人は67.18%のひとがツライと回答、全く浸からない人は79.26%でこちらも10%以上も差があります。

Q:日中眠気を感じることがありますか?

 

日中の眠気は毎日浸かる人では65.76%があると回答、全く浸からない人は73.07%となり、8%の差が出ました。

ここまで、“よく眠れるか”“すぐに眠れるか”“朝つらいか”“日中の眠気”と、入眠から睡眠の質・日中の状態までを細かくみてきましたが、日~土毎日湯舟に浸かっている人のほうが、全く浸からない人よりも睡眠の質が良いということがわかりました。 眠りの質は単純に入浴するか否かだけではなく、湯の温度や入浴時間、入るタイミングにも拠ってくるため一概にはこの通りとは言えませんが、少なくとも、「入らない人よりは入る人のほうが眠りの質が良い」と言えそうです。
また、別項で解説している通り、更に睡眠の質を上げるためには日中の活動量や食事のタイミングにも気を遣うことがポイントです。

4.おまけ:より快眠をめざすためには!
Q:毎日よく眠れていますか?

上記の通り、基本的生活習慣に気を遣っている人とそうでない人とでは、良く眠れているかどうかの差が歴然となりました。
とはいえ忙しい毎日、すべての食事に気を遣い、毎日運動するなんてことはなかなかできることではありません。でも、毎日の“入浴”でしたら、気軽に続けることができますよね。 是非、睡眠の質改善への一歩として、毎日の入浴を心がけてみてください。

【調査概要】
調査期間:2021年1月~2021年12月
調査対象者:睡眠に興味のある男女200名
調査方法:インターネット調査

 


関連キーワード
 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら