【データ】「10万円の特別定額給付金 妊娠中・子育て中ママが考える使いみちとは?」調査

  • 2020年6月18日

 コズレは13日、「10万円の特別定額給付金 妊娠中・子育て中ママが考える使いみちとは?」調査の結果を発表した。

1. はじめに
月間300万人のママパパが利用する子育て情報メディア「コズレマガジン」を運営する株式会社コズレ(本社:東京都千代田区、代表取締役:田中穣二郎、以下コズレ)は、子育て世帯の商品購入実態やサービス利用実態に関する自主的な市場調査を通年行っています。

今回は2020年5月に実施した「新型コロナウイルス感染症に関する調査」について、結果をまとめ、その一部を公開いたします。

政府により、家計への支援を行うための「特別定額給付金事業」の実施が2020年4月に決定しました。基準日に住民基本台帳に記載があれば、赤ちゃんから高齢者まで、誰にでも給付されることから、広く話題になっています。

では、その「10万円の使いみち」を皆さんはどのように考えているのか、特に妊娠中ママや子育て中ママはどのように考えているのかを明らかにすべく本調査を行いました。普段は、「生まれてくる赤ちゃんのために」「家族のために」と節約したり我慢したりしているママ達は、家族や自分自身のために「どんなことに使おう」と考えているのでしょうか。

2. 調査
調査主体:コズレ子育てマーケティング研究所
調査方法:インターネット・リサーチ
調査対象:末子妊娠中~2歳以下の子を持つ女性
調査期間:2020年5月13日(水)~2020年5月18日(月)
有効回答者数:3,600名

3. 結果・考察
(1) 「10万円の特別定額給付金」の使いみち
特別定額給付金は世帯ごとに給付されるため、「10万円×給付対象人数分」の使いみちについて質問しました。最も多かったのが生活費(45.29%)であり、次いで貯金(37.96%)、育児用品の購入(35.27%)という結果になりました。

「生活費」「育児用品の購入」と答えたママの割合が高いことから、「今」必要なモノやコトに使おうと考えているママが多いのではないでしょうか。一方、「旅行・レジャー」「外食」などの外出を伴う使い方を考えているママの割合は低く、外出自粛の影響は未だ大きいといえるでしょう。

(2) ママが自分自身のために使える金額
「ママが自分自身のために使える金額はいくらか」という質問に対して、約4割のママは「1円~5万円未満」と答えました。そして、約3割のママは「0円」と回答しました。給付額ひとり分である10万円より大きく下回ったことから、ママ自身が使える自由な金額は決して多くはないということが分かりました。
(3) ママが自分自身のために使える金額の使いみち
「ママが自分自身のために使える金額の使いみちは」という質問に対して、最も多かったのが貯金(32.40%)でした。次いで、美容(29.80%)、ファッション(27.37%)、娯楽・趣味(16.26%)という結果になりました。「貯金する」という堅実なママが多い一方、女性としての楽しみや自分のしたいことに費やそうと考えているママも一定数いることが分かりました。
(4) ママが使えるお金が「少ないグループ」と「多いグループ」の比較
(2)にて、1円~5万円未満と答えたママ達を「少ないグループ」、5万円以上と答えたママ達を「多いグループ」とに分けて比較を行いました。

その結果、「多いグループ」は、全体に比べ「貯金」「家具・家電」「旅行・レジャー」に使おうと思っている割合が高いという結果になりました。また、「多いグループ」は、全体に比べ「ファッション」「美容」に使おうと思っている割合が低いという結果になりました。

自らが使える金額が多いママは、家計を握っている可能性が高いことから、「貯金」「家具・家電」「旅行・レジャー」など、家族みんなのためになる使いみちを検討しているのではないでしょうか。そして、家計に対しての責任を負っているため、「ファッション」や「美容」といった自分だけの楽しみに費やそうと考えているママの割合は低い傾向にあるようです。

4. おわりに
「10万円の特別定額給付金の使いみち」についてご紹介しました。

世帯全体の給付金の使いみちについては、生活費に充てようと考えているママが多いことが分かりました。
ママが自分自身のために使える金額は「5万円未満」と答えたママが多く、決して多い金額ではないものの、自分や家族のためになる使い方を考えていることが明らかになりました。

今回の「10万円の使いみち」の調査結果は、ママ達の今後の購買行動にも影響を与えていくのでしょうか。
コズレ子育てマーケティング研究所では、このように変化していく子育ての現状をお伝えするとともに、今できる支援とは何かを明らかにしていきます。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram