【データ】「日本への旅行」に関する読者アンケート調査 タイムアウト東京調べ

  • 2022年2月21日

 タイムアウト東京は19日、「日本への旅行」に関する読者アンケート調査の結果を発表した。

タイムアウト東京(運営会社 ORIGINAL Inc. 所在地 東京都渋谷区 代表取締役 伏谷博之)は、英語版ウェブサイトの読者を対象に「日本への旅行」に関するアンケートを実施しました。世界的にも厳しいと言われる日本の渡航制限については全体の67%が「あまりにも厳しく、非現実的」と回答。しかし、制限が解除されればすぐに日本を訪れたいという回答は58%を占め、訪日意向の高さが示されました。

 

日本の渡航制限は「あまりにも厳しく、非現実的」読者調査で分かった本音

タイムアウト東京では、「日本への旅行」に関する読者アンケートを2021年12月21日〜2022年1月19日と2022年2月3日〜14日の2回に渡り実施し、合計1,228件の回答を得ました。

「いつごろ日本に旅行へ行きたいか?」

「観光客への渡航制限が解除されたらすぐにでも行きたい」が全体の58%を占めました。次いで、「渡航制限が解除されてから数カ月後」(28%)、「渡航予定はない」(2%)という結果に。制限が解除されたらすぐにでも行きたいと考えている読者が圧倒的に多い結果となりました。

©︎Time Out Tokyo©︎Time Out Tokyo

「日本で一番やりたいこと」

世界有数の美食が集まる国ということが周知されているからか「飲食」が40%と高く、「観光地巡り」(31%)、「自然を満喫する」(17%)といった回答が続きました。

©︎Time Out Tokyo©︎Time Out Tokyo

「日本に旅行するために、どのような準備をしているか?」

「やりたいことのリサーチ」(61%)、 「ウェブサイトやSNSで旅のインスパイアをチェックしている」(20%) 、「日本語を話す、読むことを学んでいる」(17%)との回答がありました。

©︎Time Out Tokyo©︎Time Out Tokyo

「日本の渡航制限に関するルールをどう思うか?」

「あまりにも厳しく、非現実的である」が67%と回答の3分の2を占めました。一方で 「日本は国を守るために正しい判断をしている」は8%に留まり、現在の水際対策については厳しいと考える人が大多数のようです。

©︎Time Out Tokyo©︎Time Out Tokyo

「どのような状況になれば、日本への渡航を検討するか?」

「日本の隔離期間が廃止されたら」(50%)、「たとえ制限があったとしても、国境が観光客に開かれたら」(29%)、「新型コロナが落ち着いたら」(3%)と、コロナ禍にもかかわらず、日本への渡航への高い関心が判明しました。

©︎Time Out Tokyo©︎Time Out Tokyo

【調査概要】
「日本への旅行」
調査期間:2021年12月21日〜2022年1月19日
回答数:合計401

「新型コロナと旅行」
調査期間:2022年2月3日〜2022年2月14日
回答数:合計827

※タイムアウト東京英語版ウェブサイトにてアンケート調査を実施

©︎Time Out Tokyo©︎Time Out Tokyo

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram