【データ】「旅のパートナー」に関する調査 Expedia調べ

  • 2021年6月10日

 エクスペディアは3日、「旅のパートナー」に関する調査の結果を発表した。

世界の大手総合旅行ブランドの一つであるエクスペディア( http://www.expedia.co.jp/ )は、「旅のパートナー」に関する調査を、世界12地域15,000名を対象に実施しました。本調査から、日本人は再び旅行できるようになることを楽しみにしている一方で、コロナ後の旅行予約に以前よりストレスを感じていることが明らかになりました。
約6割の日本人は旅行制限の解除が恋しい!旅を通して日常から解放されることを期待

エクスペディアが実施した調査によると、コロナ禍で最も恋しいと感じることについて、57%の日本人が「制限なく旅行すること」という回答をあげました。新型コロナウイルス感染者数の増加やそれに伴う政府の方針などにより、旅行のキャンセルを検討せざるを得ない状況が繰り返し発生し、海外旅行だけではなく、国内旅行も気軽にできていない状態が続いています。そのため多くの人が「制限なく旅行したい」と感じているようです。2位以降には、「マスクをせずに出かけること」「家族や友人とのハグ」が続きました。

 

また「次の旅行で最も楽しみにしていることは?」という質問に対して、日本人の最も多い回答は「日常の生活では体験できないアクティビティを予約すること」で、その次には「料理をせずに食事が提供されること」「食後の片づけの必要が無いこと」が続きました。これらの結果から、日本人にとって家で過ごす時間が長くなっている今は、特に日常のルーティンや家事などから抜け出すことができるという点が、旅行をするモチベーションになっていることがうかがえます。

 

 

日本はコロナ後の旅行予約において「以前よりもストレスを感じる」割合が2番目に高い!

多くの日本人はまた旅行できることを楽しみにしながらも、旅行を計画したり、予約をすることについて、よりストレスを感じ始めていることが明らかになりました。
調査では、約半数となる49%が「旅行予約をする際、コロナ前よりコロナ後の方がストレスを感じるようになった」と回答し、これはアメリカに続き、2番目に高い割合となっています。

63%の日本人は「旅行の手助け」が嬉しい!予約で重要なのは「簡単な予約変更」

さらに調査では、日本人の多くが旅行中に「手助け」を必要としていることが分かりました。「前回の旅行で、手助けを得られたことに感謝している」と回答した日本人は63%と半数以上にのぼっています。また、その手助けをしてくれる人やツールで役立ったものついて尋ねると、「スマートフォンや旅行アプリ」という回答が49%と、最も多い結果となりました。
また、今後12ヶ月の旅行予約で重要だと考えていることを尋ねたところ、「予約内容を簡単に変更できること」が1位に。新型コロナウイルス感染症の状況は常に変化しており、旅行計画をする際も見通しを立てることが難しくなっています。そのため多くの日本人は、柔軟な予約のサポートを望んでいるようです。

 

また旅する準備ができたら、エクスペディアは旅行者のストレスを軽減できるようサポートします

コロナ後に旅行を楽しんでいただくためには、エクスペディアでは状況にあったサポートが必要であると考え、旅のあらゆる段階で旅行者の方と共にする、「旅のパートナー」となるための新たなブランド戦略を4月に発表しました。日本では緊急事態宣言の発令が続き、気軽に旅行できない状況が長い間続いています。エクスペディアでは、旅行のお困りごとを理解し、旅行のストレスを減らせるようサポートしていきます。

▼柔軟な旅行予約の提供
日本人は「予約内容を簡単に変更できること」を最も必要としています。対象の宿泊を予約した際、旅行者はエクスペディアの旅程表から、日程変更や宿泊施設の利用人数、お部屋タイプの変更といったことをキャンセルせず、簡単に変更できるようになっています。また33%の人が「旅行のキャンセルや変更、予約に関してサポートを得たい」と考えていますが、エクスペディアは「バーチャルエージェント」機能を一部の地域で開始しており、今後数か月の間に日本語でも利用可能となります。本機能では、「ワンクリックキャンセル」により旅行をキャンセルしたり、旅程についてバーチャルエージェントに質問することができます。これらの機能はエクスペディアのアプリからも利用できる予定です。

バーチャルエージェント機能※日本語版も開設予定バーチャルエージェント機能※日本語版も開設予定

▼新型コロナウイルスの旅行ガイドラインに関する便利機能
エクスペディアの「新型コロナウイルス (COVID-19) トラベルアドバイザー」では、目的地における規則や規制、また安全衛生に関するガイドラインを検索できるようになっています。さらに、エクスペディア上の宿泊施設の詳細ページでは、各施設が行っている新型コロナウイルス感染症対策を簡単に確認できるようにしています。

宿泊施設ページの新型コロナウイルス対策宿泊施設ページの新型コロナウイルス対策

▼お得な予約タイミングをお知らせ
調査によると、旅行者の35%が「最もお得に予約できるタイミングを知りたい」と回答しています。エクスペディアの旅行の検索画面には「料金カレンダー」を掲載しており、宿泊施設や航空券について、最もお得な時期を簡単に把握できるようになっています。

料金カレンダー料金カレンダー

エクスペディアからのコメント

エクスペディア ブランド、シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのShiv Singh(シブ・シン)は、次のようにコメントしています。「エクスペディアは、世界的に多くの人が休暇不足を感じている一方で、多くの人が旅行予約に気が遠くなっていることを理解しています。そのため、これまで以上に『誰と旅行をするか』という点が重要になり、旅行者がコロナ後のニューノーマルに適応していくのに合わせて、エクスペディアは旅行者の『旅のパートナー』となることを最も重要なブランド理念として新たに定めました。調査を通じて旅行者のストレスや困っていることを探ったところ、旅行者の『手助け』となり、サポートしていくことが大切だという結論に至りました。旅行計画はストレスになるべきものではなく、エクスペディアがお客様に旅のあらゆる場面で寄り添うと約束することで、また旅行への期待感を高めてもらいたいと考えています。」

  • アンケート概要

■サンプル数: 計15,000名/12地域
■調査対象:日本、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、香港、イタリア、メキシコ、ニュージーランド、シンガポール、アメリカン、イギリス
■調査期間: 2021年4月1日~4月16日
■調査方法: インターネットリサーチ
■調査会社:onepoll.
※本調査では小数点第1位で四捨五入しているため、足し上げても合計数値が100%とならない場合がございます。
※ 同率で順位が異なる場合は、実数の差によります。 


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら