【データ】「お家をリフォームするならどこ」アンケート調査

  • 2023年1月11日

 レビューは、「お家をリフォームするならどこ」アンケート調査の結果を発表した。

株式会社レビュー(https://jafmate.co.jp/)が運営する暮らしに役立つ情報メディア「さぶろぐ」( https://sublogg.com/ )は、日本全国の20代以上の方を対象に「お家をリフォームするならどこ」についてのアンケート調査を実施しました。
その結果を公表します。
  • 調査概要

調査対象:20代以降の男女
調査日:2022年12月
調査機関:自社調査
調査方法:インターネットによる任意回答
調査人数:100人(女性75人男性25人)

*本アンケート結果を引用する場合は「さぶろぐ」のURL( https://sublogg.com/ )を使用してください。

  • 調査結果サマリー

お家をリフォームするならどこをアンケートにて調査したところ、1位は「キッチン」でした。
その他についても、ランキング形式でご紹介していきます。

1位になったのは「キッチン」です。
2位以降は、「お風呂」、「トイレ」と続き、「寝室」は8位という結果になりました。

  • 1位:キッチン

・毎日作業する場合で使う時間が長いので効率機能性などを新しくしたい 対面式のキッチンにリフォームしたい。(男性30代)

・とにかくキッチンが古くて狭いから。全てが小さいので広く大きくしたい。ディッシュウォッシャーをつけたい。(女性40代)

・おうち時間が増えてから料理やお菓子作りが趣味になったのですが、その際もっと使いやすいキッチンはないかな〜と思うようになったからです。(女性20代)

1位は「キッチン」です。
毎日料理をする場所なので劣化も早かったり、古いところは最新の設備を取り入れたいからという意見もありました。

  • 2位:お風呂

・お風呂の鏡が水で曇りやすいので、曇りにくい素材にかえたい。また、排水溝にカビが生えやすく汚れもつきやすいので、汚れに強い素材があればかえたい。(女性30代)

・単純に狭いし汚いからです。他の人に見られたくない部分なのでリフォームを考えています。汚れが気になります。(男性20代)

・毎日使うもので家族全員がお風呂が好きだから、癒しの時間を楽しむためにも1番にリフォームしたいと思った。(女性30代)

2位は「お風呂」でした。
水回りは汚れやすく家族で毎日使う場所なので快適にリフォームしたいという理由が多いです。

  • 3位:トイレ

・トイレの床と壁が昔のままのタイルになっているので掃除がしにくくクロスに替えたい。天井も亀裂が入っているので直したいです。コンセントも増やしたいです。(女性40代)

・収納棚なども壊れてきてしまっているものもあるので、それを含めてリフォームしてもうちょっと機能的なものにしたい。(女性30代)

・タンクレスの広々とした節水タイプのトイレに憧れるし,掃除いらずのものなど機能面が充実しているからです。(女性40代)

  • 4位:リビング

・起きている間、家族が1番長く時間を共有するスペースのためより良い環境に変化させたいです。生活しやすいリビングへリフォームしたいです。(女性30代)

・家にいて起きている時間の中で一番長い時間を過ごすのがリビングだから。来客が来た場合も、リビング以外はほぼ通すことがないので。(女性30代)

・お家をリフォームするならば、やはり、リビングになります。リビングが一番過ごす時間が長いからになります。(男性30代)

  • 5位:玄関

・子供のおもちゃ等今玄関の外に置いている物が多いので、玄関収納をもう少し荷物が置けるように広くしたいからです。(男性30代)

・古い家なので段差が結構あり年齢的にも考えないとなと思っていますし、猫を飼っているので脱走しにくいようにしたいなと思ったので。(女性40代)

・思っていたよりも狭くて朝の時間のない時などに子供といっしょだと、混雑して大変なのでもっと広い玄関にしたい。(女性30代)

  • 5位:洗面・脱衣所

・洗面台が狭くてものを置くスペースが限られているため、もう少し広くしたいと考えている。また、洗濯物を置くスペースも狭いため。(女性20代)

・脱衣所が寒くてリビングとの温度差があるので、ヒーターやストーブを使っているが、狭いので邪魔になるし危ないので本格的な暖房機器を設置できるようにしたいからです。(女性30代)

・時間は経っているが、玄関、キッチン、お風呂はリフォームをしているから。洗面所脱衣所は少し狭いのと、隣に使っていない部屋があるので、少し広くしたい(女性20代)

  • 7位:子供部屋

・子供部屋としてあげる部屋は1つしかない家なのでリフォームして2つに分けて個人の空間を作ってあげないとと考えているからです。(女性20代)

・子供部屋を作りましたが子供が大きくなり家から出て行くと子供部屋が必要なくなり、使わない無駄な部屋になってしまうからです。(男性40代)

・和室なので洋室に変えたいから。襖をやめてリビングとつなぎたいから。転んでも痛くない柔らかい床の素材にしたい(女性30代)

  • 8位:寝室

・現在はベッドが置ける必要最低限のスペースしか無いので、子供が大きくなったらもう少し広くして、趣味の部屋として使いたい(女性30代)

・寝室は元々、2部屋に分けられるように2つドアが付けられています。今、夫が在宅ワークで寝室を使用しているので、リフォームして寝室と仕事部屋にしたいです。(女性30代)

8位は「寝室」という結果でした。
子どもが大きくなったら寝室をリフォームしたいという意見がありました。

  • まとめ

100人にアンケートを行ったところ、「キッチン」と回答したのは全体の31.0%でした
また回答した理由として、使いやすいものに替えたいという意見や、毎日使う場所で汚れやすいからといった意見が数多く見受けられました。
リフォームをしたい場所は水回りが多い傾向にあるという事が分かりました。
お家をリフォームされる際の参考にしてみてはいかがでしょうか。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram