【シニアマイスター経営の知恵 73】一寸先の光

  • 2018年12月6日

 すっかり雪をかぶった十勝岳では、エゾナキウサギが冬ごもりをし、厳しい寒さと暗がりの中で、うららかな春の木漏れ日に思いをはせているのだろう。与えられた環境で、限られた資源を効果的に活用し、どう生き抜いて自らの命を全うするか、まさしくマネジメントそのものではないだろうか。

 人口減少社会における地方創生の流れの中で、地域経営の観点から稼ぐ力をより向上させ、その土地ならではの豊かなライフスタイルを実現する、観光まちづくりの事例を各地に見ることができる。誰のためのまちづくりなのかと考えた時に、観光者ではなく、住民にとって魅力的な地域であることにまず焦点が置かれており、そのために観光を活用するというのがポイントだ。経営の神様・松下幸之助氏の言葉に「企業は人なり」とあるように、地域においてもやはり、根幹をなす最大の資源は人なのだと考える。地方創生とは、地域に住む方の満足度や幸福度を上げて、いかに笑顔につなげていくかではないだろうか。

 そのために最低限必要な2要件として、所得の確保という定量的な充足と、不測の事態にも安心して対応できる信頼関係の構築という定性的な要件が挙げられる。地域内経済循環の活性化や、来訪者を通した住民同士の交流が活発に行われることで、有効かつ即効性のある手段として、観光が寄与するところは大きい。

 言うはやすくで、事業の推進においては、光を見いだすことが難しい時がある。その土地ならではの「ひと・もの・こと」という現存する資源は、日常となると当たり前になり、価値を見失いがちになってしまうからだ。有限にあると考えていた機会は、千載一遇のチャンスであり、もっと積極的に、目の前にある資源に関与していけばよかったのだと気付くことができた。目を上げてみれば、すぐそこに光はある。

 全てが必然であり、貴重な機会。一期一会の心を持ち、目の前の方を笑顔にしたいという思いを大切に、私も光になっていきたい。

 (NPO・シニアマイスターネットワーク北海道ブロック担当ディレクター 仁木町地域おこし協力隊、浅川りえ子)

関連する記事

産業遺産、工場遺構、生産現場(工場、工房、農漁場)などを観光資源とする「産業観光」は、国の観光立国推進基本計画の柱の一つとしても採用されることとなった。そして、地方自治体…

続きを読む

今年の初めに「2018年のホテル旅館業界の予測~WEB~」と題し、その中で旅館におけるテクノロジーの活用について触れた。 昨今でも「AI」「IoT」「キャッシュレス社会…

続きを読む

10月、福島県金山町主催で第2回目の只見線シンポジウムが開催された。まず、三角ベースボールの縁で奥会津をこよなく愛し、聖地と呼ぶ作家の椎名誠さんが「只見線の全面復旧への思…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube