【シニアマイスター経営の知恵 123】着実に広がるホテル・マネジメント技能検定 NPOシニアマイスターネットワーク理事長兼一般社団法人日本宿泊産業マネジメント技能協会会員 松下 衛

  • 2021年2月26日

 一般社団法人日本宿泊産業マネジメント技能協会が2018年から実施している国家検定、ホテル・マネジメント技能検定の第3回の検定結果が、1月30日に発表された。

 コロナ禍にもかかわらず多くの専門学校生、現役ホテリエなどが受検した。今年度は、196名の3級ホテル・マネジメント技能士、11名の2級ホテル・マネジメント技能士、3回目にして待望の4人の1級ホテル・マネジメント技能士が誕生した。

 ホテル・マネジメント技能検定は、宿泊業に働く人たちの職業能力開発を促進し、併せてその社会的地位の向上を目指すことを目的としたものである。

 3級は係長職、2級は課長職、1級は部長職に必要なマネジメント能力を検定する。具体的には、各級に応じた(1)収益管理力(2)企画力(3)課題解決力(4)管理運営力(5)専門知識を審査する。そのために、学科と実技の2段階の試験が行われ、両方の試験に合格することにより技能士の資格を得ることができる。

 学科試験は、各級に要求される知識の網羅性と正確性を問うものである。実技試験は、各級に応じたケース問題により上記(1)~(5)の能力を問うものである。1級、2級には、さらにロールプレイと称する口述試験によりプレゼンテーション能力も問われる。

 ホテルにおいては、試験に合格すると受検料を補助したり、技能士取得者には、手当をつけるところも出ている。また、自己啓発、自己に対する投資として受検する人も増えている。

 また、受検対策として過去問題集、テキストも発行されており、学習の条件も整ってきている。

 このホテル・マネジメント技能検定により、毎年、宿泊業界のマネジメント人材が着実に増えてきている。技能士の資格を持った人たちが実務の場で力を発揮し、しかるべき責任と権限を与えられ活躍する姿も近いうちに見られることになるであろう。

 (一般社団法人日本宿泊産業マネジメント技能協会検定試験管理本部長 大倉征俊)


         

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram