【オマツリジャパンの毎週祭日 17】巨大行燈を壊し合うケンカ祭リ 喧嘩祭りハンター・池田兼人

  • 2020年1月20日

引き合い(ケンカ)中の行燈

福野夜高祭(富山県南砺市)

 富山県の西部に位置する南砺市福野、江戸時代に織物業で栄え、歴史情緒あふれる建造物がいまだに残る静かな町が、ゴールデンウイーク真っ只中の5月1~3日の間、にわかに喧騒に包まれる。今回紹介する「福野夜高祭」は、2階建ての建物ほどの大きさの行燈(あんどん)山車(だし)がお囃子(はやし)を奏でながら街を曳行する神事だ。

 この祭りは江戸時代に大火に見舞われた福野の町に福野神明社を創建した時、伊勢神宮から天照大神の分霊を迎える際に、村人たちが行燈を持って歓迎したことが起源とされているそうだ。

 どこか中国大陸を連想させるデザインの行燈が青田の香りが漂う路地をゆっくりと進み、たくさんの家族連れや若者がそれに笑顔で手を振る様子は、まさに地域に根付く祭りと言える光景である。

 しかし5月2日の宵宮の夜、牧歌的な雰囲気の中で行われていた祭りが一変する。午後11時ごろ、行燈山車同士がすれ違うと同時に上に乗った若衆が行燈を壊し合う「引き合い(ケンカ)」が始まるのだ。氏神様を喜ばせるためではあるが、彼らは「いざ見せ場」とばかりに蹴りなどの攻撃を繰り出し、すれ違う行燈に飛び移ってダメージを加える。その景気の良さに観衆は拍手喝采。丹精込めて作ったであろう行燈は一瞬のうちに無残な姿となるが、それもまた祭りの後のわびしさがあって一興である。

 ところで富山と言えば、楽しみたいのはやはり新鮮な魚介。福野から北に足を運ぶと、射水市の有名グルメスポット「新湊きっときと市場」がある。地元情緒を味わいたければ、その近くにある「きときと食堂」がおすすめだ。地元の方々も足を運ぶ地元水産業直営の食堂で、千円程度でボリューム満点の刺し身定食や丼が楽しめる。すぐ隣の鮮魚店には朝取れのイカや季節の魚が並び、富山湾の豊かさを感じ取ることができるはずだ。

 それでも物足りなければ、景勝地として知られる雨晴海岸や、氷見温泉郷まで足を伸ばすことも。ぜいたくを選べるぜいたくが、初夏の富山にはある。

(喧嘩祭りハンター・池田兼人)

【オマツリジャパン】
日本初の祭りサポート専門会社。「祭りで日本を盛り上げる」を目標に掲げ、祭りのコンサルティング、プロモーション、日本最大級のWEBプラットフォーム運営など、地方創生に取り組む。https://omatsurijapan.com

引き合い(ケンカ)中の行燈

 

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram