【オマツリジャパンの毎週祭日 133】正月に厄除け開運の転読法要 毎日「京都散歩の旅」なカメラマン・佐々木美佳

  • 2022年7月5日

経典をバラバラとめくり叩きつける和尚様たち

 豊臣秀吉と北政所ねねの寺「高台寺」。ここでは毎年1月1日の元日に大般若祈祷会が行われる。元旦にこの大般若経祈祷会を行うのは、幸多い1年になるようにという願いがこめられているのだそうだ。また、大般若祈祷会は別名「修正会」とも呼ばれ、間違いや不正をただし、ゆがんだところを修正するためにも行われている。

 この大般若祈祷会では、経典を読む際に「転読」という独特の所作が行われる。バラバラと経典をダイナミックにめくる姿が特徴で、この動作は「長いお経を全て読んでいる姿」を表しているらしい。普段の読経する姿とは全く違い、大切にされているはずの経典を机に叩きつけ、ときに叫ぶ。目の前で迫力満点のお経ショーが繰り広げられるのは驚きだ。

 お経(大般若経)にはお釈迦(しゃか)様が説かれた教えが書かれている。このお経を読むことで十六善神(般若経の守り神)の守護により厄除開運、願いがかなうのだとか。ちらりと見える箱の中には経典がびっしりと入っている。確かにパラパラとめくらないと、全て読経するには、どれだけ時間がかかるか分からない。あちこちで和尚様が転読をはじめ、魔が払われ厳かな雰囲気がただよう。この転読のありがたい空気を感じたくて、「お正月には高台寺に行かねば」と引き寄せられてしまう。

 他にも年末年始の高台寺ではさまざまな行事が行われる。まず大みそかは除夜の鐘に参加することもできるのも魅力の一つだ。最初の1打目は和尚様たちが1度鐘をつく。そのあとは整理券を持っている参拝者が鐘をつくことができる。せっかく来たからには、年末年始限定の御朱印もいただいていきたい。

 また毎年1月1~5日(年度により日程変動あり)には「初まいり」が行われる。なんと、この期間は天皇の使いである勅使(ちょくし)の位がないと通れない「勅使門」を通ることができる。普段は開かずの門である特別な場所を歩いてみたいものだ。

 (毎日「京都散歩の旅」なカメラマン・佐々木美佳)

【オマツリジャパン】
日本初の祭りサポート専門会社。「祭りで日本を盛り上げる」を目標に掲げ、祭りのコンサルティング、プロモーション、日本最大級のWEBプラットフォーム運営など、地方創生に取り組む。https://omatsurijapan.com


経典をバラバラとめくり叩きつける和尚様たち

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram