【オマツリジャパンの毎週祭日 126】秋空に映える多彩な熱気球 お祭り好きライター・池田兼人

  • 2022年5月17日

無数のバルーンが浮遊する光景が圧巻

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ(佐賀市)

 10月下旬から11月上旬まで、佐賀市内を流れる嘉瀬川の河川敷は、にわかに巨大な熱気球が連なるフェスティバル空間へと変貌する。約100機が参加するアジア最大規模の熱気球競技大会「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」が開催されるのだ。

 5日間にわたって開催され、80万人以上が来場するこの巨大イベントのメインはバルーン競技。目的地へ向けて熱気球をいかに正確に操れるかを競うスポーツだ。バーナーの操作により上・下にしか動くことができないバルーンは、パイロットの操縦技術と地上クルーの情報の連携プレーにより、自然の風を捉えて目的地へ向かう。「ターゲット」と呼ばれるゴールに向けて「マーカー」と呼ばれる砂袋を投下し、その距離が最も近いパイロットが高得点となる。

 当日の天候次第だが、会場内の「ローンチサイト」からバルーンが飛び立ち数キロ先にあるターゲットに向かう場合は「一斉離陸」が行われ、逆に会場外から「ローンチサイト」に向かう「フライイン」の場合はターゲットに向けてマーカーを投下する様子を生で楽しめる。数ある見どころの中でも特に人気を集めるのが朝一番の一斉離陸。朝焼けの中バーナーが「ゴーッ!」っと音を立て、熱気球が次々と空へ飛び立つ。会場には壮大な音楽がかかり、映画のワンシーンのような非日常感を味わうことができるだろう。

 スコアを競う「メイン競技部門」のほか、お客さんの前で「ゆっくりとフライトしたい」というバルーニストがエントリーする「フェスタ部門」も開催され、中には手に触れそうな距離をゆっくりと漂うサービス精神旺盛な熱気球も登場する。他にも動物などのキャラクターが巨大バルーンになって勢ぞろいする「バルーンファンタジア」や、夜の闇の中バーナーで照らし出される「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」など、見どころが満載。再びバルーンを楽しめる日を心待ちにしたい。

(お祭り好きライター・池田兼人)

【オマツリジャパン】
日本初の祭りサポート専門会社。「祭りで日本を盛り上げる」を目標に掲げ、祭りのコンサルティング、プロモーション、日本最大級のWEBプラットフォーム運営など、地方創生に取り組む。https://omatsurijapan.com

無数のバルーンが浮遊する光景が圧巻

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram