【ウェブで稼ぐ】FIT集客8 松本慶大

  • 2017年8月22日

 今回は、世界48の国と地域でサイトを展開し、世界650万軒を超えるホテル、レストラン、観光スポットに対して3億5千万件以上の口コミ情報を掲載しているトリップアドバイザー(トリアド)の口コミを増やすためのデジタルマーケティング基本事項についてお伝えする。(出典=2016年6月3日トリアド広報資料)

 トリアドで良い口コミを増やすためには、ホテルの現場でお客さまに良い滞在体験をしてもらうこと。スタッフのおもてなしや施設のハードの良さ、レストランの食事・サービスのクオリティの高さなど、ゲストがリアルで体験したことが最も重要であり、デジタルマーケティングの領域でできることといったら「少ない」と思いがちだ。

 もちろん、施設での実体験が良くなければ、ゲストは良い口コミは書こうとは思わない。またその逆で、不愉快な体験をしたことが、口コミを書くマイナスのモチベーションになるかもしれない。「口コミを書こう」と思ったゲストをできる限り逃さずに、良い口コミを書いてもらうための施策がデジタルマーケティングで可能だ。

 1、トリアド上で、施設の管理登録をする。施設が初期設定をしなくても、ユーザーからの口コミがあると、トリアド上で施設ページは設定され、口コミも表示されている。まずはトリアド上で施設の管理者になり、施設ページの運用、情報の整理、口コミへの返信などをできるようにしておこう。

 2、自社ウェブサイトにトリアドの自施設のページのモジュールを設置しよう。トリアドはさまざまなマーケティングツールを無料で用意してくれている。ウェブサイトに表示させるモジュールは種類豊富にある。

 今までに受信した口コミの数と評価が見えるモジュールを使用し、ウェブサイトを見に来てくれたユーザーに口コミの評価をアピールしよう。また、トリアドの自社ページへのリンクにもなっているので、ゲストが改めてトリアドのページをブラウザで検索しなくても、自社サイトからすぐに口コミを書くことができる。多言語サイトにトリアドのモジュール設置は必須の対応だ。

 3、口コミへの返信はできるだけ早めに行おう。トリアドの施設ページトップには、最新の口コミが掲載される。トップページに表示されている段階で施設からの返信があると、ユーザーの信頼度が高まる。
 4、トリアドの施設ページに掲載されている施設提供の写真は、最新のもの、自社ウェブサイトで使用しているものを登録しよう。ゲストは自分で見たもの、体験したものがトリアドのページでも掲載されていると、情報の信頼性につながる。

 上記4点はデジタルマーケティングの領域でできる最低限の指標になる。

 (コレリィアンドアトラクト代表取締役)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram