【ウェブで稼ぐ】デジタルマーケティングトレンド3 松本慶大

  • 2018年5月31日

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、国を挙げてICT化が進んでいる。デジタルマーケティングにおいても、IT分野への投資が進み、AI、VR、データ活用、マーケティングオートメーション(MA)化などのアドテク技術が広がりつつある。

 ■パーソナライズメルマガ

 マス型メルマガから個別メルマガへ

 一般的なメルマガ配信は、一つの情報を一斉大量配信するマス型メルマガがほとんどだが、そのようなメルマガでは開封率、実際に予約となるコンバージョン率が低下する。今後は、One to oneマーケティングの基本である顧客を中心に「いつ(タイミング)、誰に(個客)、何を(オファー)、どのように配信するべきか」を設計して、One to oneメルマガ配信をすることで、開封率、コンバージョン率の向上につなげる。

 海外のマーケティングトレンドにおいて、GoogleやFacebookなどのプラットフォーム経由の集客ではなく、個客をセグメントし属性ごとに、One to oneメルマガを配信するよう見直されている。

 ■まとめ

 18年はマーケティングオートメーションによるOne to oneマーケティングがトレンド。コンテンツマーケティングから始まり、それを自動化するマーケティングオートメーション、AI、DMP(データマネジメントプラットフォーム)を連携させることにより、ITが多くのマーケッターを手助けし、個客へのアプローチを容易にしている。

 デジタルデバイスの発達により多くの人たちが情報を検索し、比較、検討するようになった現代において、ユーザーは自分だけの体験というものを求めている。

 宿泊業界が得意とするおもてなしの精神をデジタルマーケティングにも取り入れ、個客に対して、きめ細かい対応とテクノロジーを掛け合わせて実現することによって、デジタルマーケティング時代の勝ち組ホテル・旅館となるのではないか。

(コレリィアンドアトラクト代表取締役)

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram