【インターネット徹底集客 291】オンライン予約と地域データのデジタル化 内藤英賢

  • 2022年9月15日

 少し前であるが、日本旅館協会によると「旅館の予約経路別比率の約半数がOTAになり、自社サイトを加えると60%がオンライン予約になった」というニュースがあった。最近、中国でも「中国のホテル市場の回復を牽引(けんいん)するデジタル流通、2025年にはオンライン比率が67%に拡大の予測」というニュースがあり、予約のオンライン化はますます進む予測である。一方で観光庁より8月1日に「宿泊施設を核とした観光地のDX推進に向けた実証事業」の公募が開始された。

 この二つの出来事は一見、無関係に思えるが実はつながっている。どういうことかというと、「これからの時代、旅行の予約の大半がオンライン化されるので、そのデータを単館のみではなく、エリア全体で活用しましょう」ということである。

 オンライン予約比率が、ある宿は高く、ある宿は低いなどということがあるとデータにバラツキが生まれるが、全体の60~70%がオンライン予約となると、そのエリアに来るお客さまのデータを合算した時に、かなり正確なデータが取れるはずである。

 例えば、このような事例があった。夏休みということでステレオタイプ的にファミリープランを作り、ファミリーを待ち構えていたが不発に終わった。その要因分析においてエリアのデータを可視化したところ、そもそも、そのエリアには夏休みにも関わらず15%程度しかファミリーがおらず、大半が夫婦と一人旅だったのである。つまり、いないターゲットに対して施策を打っていたため、不発であるのは当たり前である。

 これがエリアデータ分析を行わなかったとすると、「ファミリーへのPRが足りなかったのかもしれない」という誤った仮説設定のもと、ファミリーへの投資強化をしてさらにずっこけるということも起こりえたのである。

 今後、インバウンド6千万人時代を目指して、これが国単位になってくる。わがエリアはこの時期にどの国のこういうお客さまが増えるということが可視化できていれば、しかるべきタイミングでしかるべきエリアに効率的にマーケティングを仕掛けることができるのである。今後はそのようなことも地域としては考えていかねばならない時代となる。

 (アビリブ・プライムコンセプト取締役 内藤英賢)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram