【インターネット徹底集客 280】2022年GWの動向 内藤英賢

  • 2022年3月31日

 今号では、例年通り現時点でのゴールデンウイーク(GW)の需要と全国の動きをお伝えしたいので、お手元にカレンダーと自施設の予約状況を用意して参照いただければ幸いである。2020年、2021年と新型コロナの影響で非常に厳しいGWとなったが、今年は新規感染者がピークアウトした3月上旬あたりから比較的堅調に予約が動いている印象である。
まず需要という観点であるが、5月3、4日の需要が突出している状況である。続いて、4月29、30日の需要が高い。ここまでは祝日の並びを見ても理解はしやすいかと思う。

 そして、ここからが今年のGWの注意点であるが、カレンダーを確認いただくと、5月2日と6日が平日となっている。数年前からの有給義務化や働き方改革の影響で、このような飛び石連休では有給を取って大型連休化する動きが顕著に見られるようになっており、その点では、今年は2日と6日の有給休暇を取得して10連休化するという意見もあったが、現在の状況は5月2日に有休を取得しての7連休が大勢のようである。

 前置きが長くなったが、次いで5月1、2日の需要が高くなっている状況である。4月29、30日と匹敵するくらいの需要を現時点では感じるほどだ。そして、逆に注意なのが5月5~7日の3日間である。現時点では5月4日までの需要とガラリと打って変わって低調である。特に5月5日を高い料金で設定している宿も多く見受けられるので要注意である。5月5~7日は現時点では稼働優先策を取ることをお勧めしたい。

 以上が現時点での需要の動きではあるが、この先にさまざまなシナリオが考えられるので注意が必要である。現時点で高需要となっている4月29日~5月4日が日本中で満室化傾向になる場合、直前予約の需要が5月5~7日に流れるケースもあり得る。こうなると10連休に等しい効果が生まれる可能性も捨てきれない。また、4月1日再開とされているブロック割キャンペーンなどの各種支援策についてはGWを除外とされているが、GWの対象期間が4月29日~5月5日とするような場合は、5月6日や7日はキャンペーン対象日となり、予約が急伸する可能性もある。

 臨機応変という言葉にはもはや慣れっこであると思うが、GWも引き続きその力が求められそうである。

(アビリブ・プライムコンセプト取締役 内藤英賢)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram